047-409-6753

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
火曜日・水曜日

船橋市の戸建て探し・投資情報|【株式会社グランベスト】 > 株式会社グランベストのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却のすべて - 知っておきたい基礎知識とポイント

不動産売却のすべて - 知っておきたい基礎知識とポイント

≪ 前へ|2024年の不動産市場予測   記事一覧   相続放棄の代わりに選ぶべき行動:不動産売却のポイント|次へ ≫

不動産売却のすべて - 知っておきたい基礎知識とポイント

不動産売却とは何か

最初に、不動産売却とは何か、その流れや必要な情報を学びましょう。一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、それが具体的に何を指すのか十分に理解している方は少ないかもしれません。

不動産売却の定義

不動産売却とは、あなたが所有する不動産を他の個人や団体に譲渡する行為を指します。日本の不動産市場では、住宅や土地などの不動産資産を売却することが頻繁に行われています。売却の目的は人それぞれで異なりますが、一般的には資金繰りや移転、相続などの理由によるものが多いです。

不動産売却は、専門的な知識や手続きが必要となる場合があります。まずは、売却の意思を固めたら、不動産の評価や査定を行うことが重要です。これによって、物件の価格や市場価値を把握することができます。また、売却にあたっては契約書や書類の作成、税金の申告などの手続きも必要となります。

不動産売却は、売主と買主の双方にとってメリットがあります。売主にとっては、不要な資産を現金化することができ、資金繰りに役立たせることができます。また、不動産の価値が上昇している場合は、利益を得ることも可能です。一方、買主にとっては、自身が希望する不動産を入手することができます。このように、不動産売却は経済的なメリットを双方にもたらす重要な取引です。

不動産売却にはさまざまな要素が関わっています。例えば、物件の特性、地域の需要・供給バランス、市場状況、税金などが価格設定に影響を与えます。売主はこれらの要素を考慮しながら、最適な売却価格を設定する必要があります。また、売却にあたっては専門家のアドバイスを受けることもおすすめです。彼らは市場の動向や最新の情報に詳しいため、より良い売却結果を得るための助言をしてくれます。

不動産売却には様々な規則やルールが存在します。例えば、土地の利用制限や法律上の制約、契約条件などがそれに当たります。売主はこれらの事項についても確認し、適切な手続きを取る必要があります。また、売買契約が成立した後も引き渡しや精算などの手続きが待っています。これらの手続きをスムーズに進めるためには、十分な準備と情報の収集が重要です。

不動産売却は、十分な準備と計画が必要な重要な取引です。売主は自身の不動産の価値を把握し、適切な売却方法を選択する必要があります。また、専門家のアドバイスや市場情報を活用することでより良い売却結果を得ることができます。不動産売却についての基礎知識を十分に理解し、適切な手続きを行うことで、よりスムーズな取引を進めることができます。

不動産売却の基本的な流れ

不動産売却の流れは大まかには、査定・契約・引き渡しの3つのステージに分けられます。

まず、売却を検討する際には、不動産の査定を行う必要があります。査定は、専門家によって行われることが一般的です。査定では、物件のロケーションや広さ、建物の状態などを考慮し、市場価値や売却価格を算出します。複数の業者に査定を依頼することで、相場を把握しやすくなります。

査定が終わったら、次に契約の段階に進みます。売主と買主の双方が満足できる条件での契約を結ぶことが重要です。契約書には、物件の詳細や価格、引渡しの日程などが記載されます。特に、不動産売買には高額の取引金額が伴うため、契約内容には細心の注意が必要です。契約書に不明な点や疑問点がある場合には、専門家に相談することをおすすめします。

最後に引き渡しの手続きが行われます。引き渡しは、契約に基づいて物件の所有権を譲渡する手続きです。売主は物件を買主に引き渡し、買主は売主から引き渡しを受けます。この際には、物件の状態や付属品の確認などが行われます。また、金銭の精算や必要な書類の手続きも行われます。引き渡し後は、売却手続きはほぼ完了となりますが、譲渡所得税の申告などの手続きが残る場合もあります。

不動産売却の基本的な流れは、査定・契約・引き渡しの順に進行します。この流れは念入りに遂行する必要があります。売主と買主の双方が納得し、円滑な取引を進めるためには、各段階でのコミュニケーションや専門家のアドバイスを活用することが重要です。不動産売却の手続きは複雑な部分もありますが、適切な準備と正確な情報の把握により、スムーズな取引が実現できるでしょう。売却の手続きにおいて迷ったり不安がある場合には、専門家のサポートを受けることをおすすめします。

不動産売却前に知っておくべきこと

不動産を売却する前に知っておくべき基礎知識を理解しましょう。これらの知識が不動産売却の成功を左右します。

相場を理解する

不動産を売却する際には、自身の不動産の相場を把握することが重要です。相場を理解することで、適切な売却価格を設定し、より良い売却結果を得ることができます。

相場を把握するためには、まずは同じような物件がどれくらいで取引されているのかを調べることが必要です。不動産の売買情報は不動産業者や不動産ポータルサイトなどで公開されており、それを参考にすることができます。また、近隣の類似物件の売却価格や市場動向を調査することも有益です。

査定価格の算出方法を知ることも相場を理解する上で重要です。一般的には、土地の広さや立地条件、建物の構造や築年数などが考慮されます。また、需要・供給のバランスや地域の特性も価格に影響を与えます。これらの要素を考慮しながら査定価格を算出し、相場との比較を行うことが重要です。

相場を理解することによって、適切な売却価格を設定することができます。高すぎる価格では買い手がつかず、低すぎる価格では損をする可能性があります。相場に沿った価格設定を行うことで、買い手からの関心を高め、スムーズな売却を実現することができます。

ただし、相場は常に変動しているため、定期的な情報収集が重要です。不動産市場の動向や需要の変化などに敏感になり、最新の相場情報を把握しておくことが必要です。また、価格設定においては専門家のアドバイスを受けることもおすすめです。彼らは豊富な経験と市場知識を持っており、より正確な査定価格や相場情報を提供してくれます。

相場を理解することは、不動産売却において成功するための重要な要素です。市場価値や需要・供給のバランスなどを考慮し、適切な売却価格を設定することで、早期かつ有利な売却を実現することができます。相場情報の収集や専門家のアドバイスを活用し、賢明な売却戦略を立てましょう。

税金についての理解

不動産売却には、様々な税金が発生することがあります。売却時に必要な税金について理解しておくことは、売却の成功を左右する重要なポイントです。

まず、不動産売却において最も一般的な税金は譲渡所得税です。譲渡所得税は、不動産の売却利益に対して課税される税金です。売却利益は、売却価格から取得価格や経費、改修費用などを差し引いた金額となります。税率は所得税と同様に段階的に課税され、売却利益が大きくなるほど税率も高くなります。ただし、自己居住用の住宅や一定の条件を満たす場合は一部が非課税となる場合があります。

また、不動産を所有していた期間が5年以上の場合には、固定資産税の特例が適用されることもあります。この特例では、所得税や住民税の課税所得額から、特例控除として売却損失を差し引くことができます。ただし、特例の適用にはいくつかの条件があるため、事前に確認することが重要です。

さらに、不動産売却に伴っては消費税の処理も必要です。不動産の売却には、建物と土地の比率に応じた消費税が課税されます。建物の割合が高い場合には消費税が発生し、売却価格に消費税を加算する必要があります。ただし、中古住宅の場合や特定の条件を満たす場合には、減税や非課税の措置もあります。消費税の処理については専門家に相談することをおすすめします。

不動産売却に伴う税金の計算や申告手続きは、複雑な場合があります。したがって、税金についての正確な理解と適切なアドバイスを受けることが重要です。専門家の税理士や不動産専門の弁護士に相談することで、最小限の税金負担でスムーズな売却手続きを進めることができます。

不動産売却に伴う税金は、売却利益に直接影響を与える重要な要素です。税金の計算や申告には時間と労力がかかることもありますが、適切な理解と対策を行うことで、税金負担を最小限に抑えることができます。売却前に税金についての情報収集をし、専門家のアドバイスを受けながら、スムーズな売却手続きを進めましょう。

不動産売却の手続き

具体的な手続きとその流れを一緒に見ていきましょう。初めての方でもスムーズに進行できるように、一つ一つのステップを詳しく解説します。

査定の依頼

不動産売却の第一歩として重要なのは、物件の査定を依頼することです。査定は、不動産の専門家によって行われるもので、売却価格を算出する上で欠かせない手続きです。

査定を依頼する際には、複数の業者に依頼することをおすすめします。異なる業者からの査定結果を比較することで、より正確な価格設定ができるからです。また、複数の業者からの査定を受けることで、相場や売却価格の傾向を把握することもできます。

査定の際には、物件の特性や状態、周辺環境などを考慮して査定価格が算出されます。特に、土地の広さや立地条件、建物の構造や築年数などが査定のポイントとなります。査定には専門的な知識や経験が必要なため、信頼できる不動産業者や不動産鑑定士に依頼することが重要です。

査定の依頼をする際には、物件情報の提供が求められます。土地の広さや間取り、状態や改修履歴、周辺施設など、売却に関わる重要事項を正確に伝えることが必要です。また、査定の際には内覧が行われる場合もありますので、物件の魅力を引き出すような状態に整えることも大切です。

査定の結果は、売却価格を設定する上での参考になります。査定価格が予想より低かった場合には、売却価格の見直しや物件の改善などの対策を検討することができます。一方、査定価格が高かった場合には、高値で売却できるチャンスですが、市場価格とのバランスを考慮する必要があります。

不動産売却においては、正確な査定結果が成功の鍵となります。複数の業者に査定を依頼し、正確な価格設定を行いましょう。また、査定結果をもとに売却戦略を立てることで、よりスムーズな売却を実現することができます。査定の依頼は売却の第一歩であり、成功への近道ですので、慎重に進めていきましょう。

契約と引き渡し

査定が終わったら、次に契約の段階に進みます。売主と買主の双方が満足できる条件での契約を結ぶことが重要です。

契約書には、物件の詳細や価格、引き渡しの日程などが記載されます。契約内容は十分に確認し、納得のいくものであるかを確認することが重要です。特に、売却価格や支払い条件、引き渡し時の負担などについて詳細に確認しましょう。契約内容に疑問点や不明な点がある場合には、専門家に相談することをおすすめします。

契約が成立した後は、引き渡しの手続きが行われます。引き渡しは、物件の所有権を売主から買主へ譲渡する手続きです。引き渡し時には、物件の状態や付属品の確認が行われます。売主は物件を買主に引き渡し、買主は物件を受け取ることで所有権が移転します。

引き渡し時には、金銭の精算も行われます。契約に基づいて決められた売却代金やその他の費用の支払いを行います。売主は正確な精算を行い、買主は支払い処理を迅速に行うことが求められます。このように引き渡しの手続きを円滑に進めることで、売却手続きを完了させることができます。

なお、契約と引き渡しの手続きでは、専門家のサポートを受けることがおすすめです。不動産の売買にはさまざまな法的なルールや規定があり、それに則った手続きが求められます。弁護士や不動産専門の仲介業者と連携し、円滑な契約と引き渡しを行いましょう。

契約と引き渡しは、不動産売却の重要なステージです。契約書の内容を確認し、引き渡しの手続きを順調に進めることで、円滑な売却を実現できます。また、専門家のサポートを活用することで、法的な手続きや細かなポイントについても安心して進めることができます。売主と買主の双方が納得し、円満な契約と引き渡しを実現しましょう。

不動産売却に必要な書類

売却にあたっては、いくつかの書類が必要となることも覚えておきましょう。ここでは、一般的に必要とされる書類について説明します。

物件情報

不動産の売却においては、物件に関する詳細情報を記入する書類が必要となります。これによって、売却に関わる情報を正確に伝えることができます。

物件情報には、土地の広さや形状、建物の構造や築年数などの基本的な情報が含まれます。土地の広さは、物件の価値や利用可能な用途に大きく関わる要素です。また、建物の構造や築年数は、物件の状態や価値を判断するための重要な情報となります。

さらに、部屋数や間取り、設備や設備品などの詳細も記入する必要があります。これによって、買主に物件の魅力や機能性を正確に伝えることができます。例えば、キッチンや浴室の設備状況やリフォームの履歴なども重要なポイントとなります。

また、周辺環境やアクセス情報も物件情報に含まれます。交通機関の利便性や近隣の施設、学校や公園などの情報は、買主にとって魅力的なポイントとなることがあります。地域の特色や魅力を伝えることで、物件の価値を高めることができるでしょう。

物件情報を正確に記入することは、スムーズな売却を進めるために重要です。買主に対して正確な情報を提供することで、物件の価値や魅力を的確に伝えることができます。また、物件の状態や特性を正確に記載することで、トラブルやクレームのリスクを軽減することもできます。

物件情報は、売主自身が記入することも可能ですが、専門家に依頼することも一般的です。不動産業者や不動産鑑定士は豊富な経験と知識を持っており、物件情報の記入や査定に関するアドバイスを提供してくれます。

正確な物件情報の記入は、売却戦略の成功に欠かせない要素です。買主に物件の魅力を伝えるためにも、詳細かつ正確な情報を提供しましょう。専門家のアドバイスを受けながら、物件情報の記入に取り組みましょう。

媒介契約書

不動産売却においては、売買の仲介を依頼する業者との間で媒介契約書を結ぶことが一般的です。媒介契約書は、売却物件の詳細や契約条件を明示した重要な文書です。

媒介契約書には、売主と業者の基本的な情報、売却物件の詳細、契約期間、委任内容などが記載されます。売主が公正な代理人を通じて売却活動を行っていることを示すものです。また、業者との委任関係や費用の取り扱い、契約の解除条件なども書かれています。

売主は、媒介契約書に記載された内容を十分に理解し、自身の意思に合致していることを確認する必要があります。また、契約期間や業者とのコミュニケーション方法、費用の支払いなども明確にすることが重要です。売主と業者の間での円滑なコミュニケーションと信頼関係は、売却の成功に繋がる大切な要素です。

媒介契約書の結びつき方には、専属専任媒介契約や一般媒介契約などいくつかの形態があります。専属専任媒介契約では、業者が売却に専任するため、他の業者との併用はできません。一方、一般媒介契約では、複数の業者と契約できるため、売却チャンスが広がります。どの形態を選ぶかは売主の判断によりますが、それぞれのメリットやデメリットを理解して選択することが重要です。

媒介契約書の結びつき後も、業者とのコミュニケーションは重要です。売主は定期的に業者と連絡を取り合い、売却活動の進捗状況や相談事項を共有することが求められます。また、業者からのアドバイスや提案には耳を傾けることも大切です。

不動産の売却においては、媒介契約書の結びつきが重要なステップです。売主は契約書の内容を理解し、売却の条件や委任内容に納得した上で署名することが求められます。業者との良好な関係とコミュニケーションを築きながら、売却の成功を目指しましょう。

売却後の手続きについて

売却が終わった後も、まだしなければならない手続きがあります。譲渡所得税の申告は、売却手続きが完了した後でも、翌年の税務申告時期までに行わなければなりません。

譲渡所得税の申告

不動産の売却に際しては、譲渡所得税の申告が必要となります。譲渡所得税は、売却利益に対して課税される税金であり、売却手続きが完了した後に申告することが要求されます。

譲渡所得税の申告は、売却手続きが完了した翌年の税務申告時期に行われます。売却利益は、売却価格から取得価格や経費などを差し引いた金額として算出されます。譲渡所得税の税率は所得税と同様に段階的に課税され、売却利益が多いほど税率も高くなります。

譲渡所得税の申告には、所得税確定申告書や譲渡所得税の申告書などが必要となります。これらの書類には売却に関わる収入や費用、控除に関する情報を正確に記入することが求められます。また、申告書類には所得税に関するさまざまな書類や証明書を添付する必要もある場合があります。

譲渡所得税の申告は、税務署へ提出することで行われます。申告書類の提出期限や手続きについては、税務署の指示に従う必要があります。また、正確な申告と納税を行うことによって、税務上のトラブルや法的なリスクを回避することができます。

不動産売却に伴う譲渡所得税の申告は、売却手続きが完了した後に行われる重要な手続きです。売主は売却利益に対する税金の申告に注意を払い、所定の期限内に申告を完了させる必要があります。申告書類の作成や必要な書類の収集には時間と労力を要する場合もありますので、十分な準備を行っておくことが重要です。

譲渡所得税の申告は複雑な手続きとなる場合がありますので、税理士や税務署の窓口など専門家のサポートを受けることがおすすめです。専門家のアドバイスや指導を受けながら、正確な申告を行いスムーズな手続きを進めましょう。

必要な書類と対策

譲渡所得税の申告には、さまざまな書類が必要となります。これらの書類の準備と正確な記入は、スムーズな申告手続きを進めるために重要です。

まず、所得税確定申告書や譲渡所得税の申告書が必要です。これらの書類には、売却に関わる収入や費用、控除に関する情報が詳細に記載されます。売主は正確な情報を提供し、収入や費用の計算を正しく行う必要があります。

また、売却に関する書類や証明書の提出も求められる場合があります。例えば、売買契約書や譲渡証明書、固定資産税の課税通知などが該当します。これらの書類を正確に準備し、申告書類と一緒に提出することが重要です。

譲渡所得税の申告においては、節税対策も考慮することが重要です。例えば、特例控除や特別控除の適用条件がある場合には、その要件を満たしているかどうかを確認しましょう。また、特定の経費や費用が控除対象となる場合には、適切な計算と記載を行うことで税金の節約ができます。

譲渡所得税の申告においては、正確な書類の準備と詳細な記入が求められます。売主は十分な時間をかけて準備を行い、必要な書類を揃えることが重要です。また、節税対策についても、事前に十分な知識を得ておくことが必要です。

税務署の窓口や税理士などの専門家のサポートも利用することをおすすめします。彼らは税金に関する知識や経験を持っており、適切なアドバイスを提供してくれます。専門家との連携を通じて、正確な申告と節税対策を進め、スムーズな手続きを実現しましょう。

よくある質問と答え

ここまでの内容を踏まえ、不動産売却についてよくある質問とその答えについて解説します。

売却価格はどう決まるのか

不動産の売却価格は、物件の特性や市場状況、査定結果などに基づいて決まります。ここでは、売却価格の決定要素について説明します。

まず、物件の特性が売却価格に大きく影響を与えます。土地の広さや立地条件、建物の構造や築年数などがその一例です。例えば、土地の広さが広くて開発の可能性がある場合や、便利な立地条件にある場合は、高い売却価格が求められる傾向があります。

次に、市場状況も売却価格に影響を与えます。需要と供給の関係や競合物件の有無、地域の経済活動などが考慮されます。需要が高まっている地域や需要が増えそうな地域では、売却価格が上昇する可能性があります。

査定結果も売却価格を決定する上で重要な要素です。査定は、不動産の専門家によって行われ、物件の評価や市場価値を把握するための指標となります。査定結果を参考にすることで、客観的な観点から適切な売却価格を設定することができます。

売主は、これらの要素を総合的に考慮し、適切な売却価格を設定する必要があります。売却価格が高すぎると買い手が見つからず、低すぎると損をする可能性があります。売主自身が市場や物件の状況を把握し、査定結果を参考にしながら売却価格を決定することが重要です。

売却価格の設定は、売主と買主の双方にとって公正で魅力的な価格を見つけることが目指されます。売主は物件の特性や市場状況を考慮し、適切な売却価格を設定するために努力する必要があります。また、専門家のアドバイスを活用することもおすすめです。適切な売却価格を設定することで、スムーズな売却を実現しましょう。

物件の情報をどこで集めればいいのか

物件の情報を収集する際には、さまざまな方法があります。ここでは、物件情報を集めるための主な方法について説明します。

まず、インターネット上の不動産ポータルサイトや不動産会社のウェブサイトを活用することがおすすめです。これらのサイトでは、売り物件や買い物件の情報を豊富に掲載しており、地域や予算、物件の特性などに合わせた検索が可能です。写真や物件の詳細な説明も掲載されており、簡単に多くの物件情報を入手できます。

また、不動産業者や不動産鑑定士に相談することも有益です。彼らは不動産市場や地域の動向に精通しており、物件情報や価格動向についての豊富な知識を持っています。専門家とコンタクトを取ることで、より正確な物件情報を得ることができます。

さらに、現地調査やチラシ、広告など周辺の物件情報を収集することも有効です。特に、気になる地域や物件については、直接訪問して現地の雰囲気や周辺環境を確認することが重要です。また、地域の不動産情報誌や新聞の不動産広告も情報収集の手段として有効です。

物件情報を収集する際には、複数の情報源を参照し、情報の正確性や更新日時にも注意を払うことが重要です。また、自身の要望や予算に合致する物件や希望条件に沿った情報を絞り込むことも大切です。

物件の情報収集は、売主や買主にとって重要なステップです。様々な情報源を活用し、物件に関する正確な情報を入手しましょう。また、物件情報だけでなく地域の特性や需要動向なども考慮に入れ、より賢明な売却活動や購入の判断を行うことが重要です。

まとめ

記事を通して、不動産売却の基本から手続きの流れ、税金についてまで多くの知識を得ることができました。これらの知識を参考に、あなた自身の不動産売却を成功に導いてください。

基礎知識の重要性

不動産売却において、基礎知識の理解は非常に重要です。市場の動向や税金問題等、効果的な売却手続きに必要な多岐にわたる要素を把握することで、売主はより良い売却結果を得ることができます。基礎知識の習得は売主自身の利益を守るためにも欠かせません。十分な準備と情報収集を行い、不動産売却に自信を持って取り組みましょう。

手続きと振る舞い

不動産売却においては、適切な手続きと振る舞いが成功の鍵となります。手続きの肝は、正確な情報収集と的確な行動です。売主は売却に関する手続きや書類について細心の注意を払い、正確かつ迅速に対応することが重要です。また、コミュニケーションも欠かせません。業者や専門家との良好な関係を築き、質問や不明点には遠慮なく相談しましょう。さらに、買主とのコミュニケーションも大切です。信頼関係を構築し、売買条件や引き渡し日程などに関して円滑に協議することが求められます。売主は誠実で信頼性のある姿勢を持ち、契約の条件や約束事を遵守することも大切です。また、細かな負担や手続きに対しても責任を持ち、スムーズな取引の実現に努めましょう。売主の適切な行動と振る舞いによって、不動産売却は成功に近づきます。誠実さと的確さを持って、売却手続きを丁寧に進めましょう。

次のステップ

これから始まるあなたの不動産売却の旅を応援します。ここで学んだ知識を武器に、より良い売却結果を得ることを願っています。

複数の業者からアドバイスを得る

不動産売却においては、複数の業者からアドバイスや査定を得ることが重要です。複数の業者に依頼することで、異なる視点や豊富な経験を持つ専門家からの意見を得ることができます。査定結果や提案を比較することで、より的確な売却価格や戦略が立てられるだけでなく、信頼性の高い業者を選ぶこともできます。複数の業者との会話や情報共有を通じて、自身の売却の成功につながる知識や洞察を得ることができます。また、業者との交渉の過程で、契約内容や手数料などの条件についても比較検討することができます。売主は複数の業者とのコミュニケーションを通じて、最善の選択を行い、不動産売却を成功に導きましょう。

売却成功のために

売却の成功を目指すためにはいくつかの要素に注意することが重要です。まず、売却関連の基礎知識を身につけておくことが大切です。市場の動向や税金のルールについて理解し、適切な売却戦略を立てましょう。また、複数の業者とのコミュニケーションや査定結果の比較検討も欠かせません。さらに、思いやりと透明性を持った売主の振る舞いも重要です。誠実かつ迅速な対応、買主との円滑なコミュニケーション、取引条件や引き渡しの遵守などが求められます。最後に、専門家のアドバイスやサポートを受けることもおすすめです。税理士や不動産専門の弁護士などが正確な情報や適切なアドバイスを提供してくれます。これらの要素に注意しながら、売主自身の理想的な売却結果を実現しましょう。


船橋市の不動産売却・不動産買取は【株式会社グランベスト】


≪ 前へ|2024年の不動産市場予測   記事一覧   相続放棄の代わりに選ぶべき行動:不動産売却のポイント|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 不動産売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 更新情報

    2022-04-14
    千葉市 中央区 長洲2丁目 ☆請負契約いただきました。
    投資物件のご購入ありがとうございます!!
    2022-03-31
    千葉市 中央区 長洲2丁目 土地☆ご契約いただきました。
    不動産売却 のご相談ありがとうございます!!
    2022-03-25
    奥州市水沢江刺の土地の契約を頂きました。
    不動産売却 のご相談ありがとうございます!!

    更新情報一覧

  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社グランベスト
    • 〒273-0005
    • 千葉県船橋市本町5丁目1-8
      B号
    • TEL/047-409-6753
    • FAX/047-409-6754
    • 千葉県知事 (1) 第17568号
  • Twitter
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2024-03-01
    習志野台ガーデンハウスの情報を更新しました。
    2024-03-01
    船橋市小室町土地の情報を更新しました。
    2024-02-25
    二和西グリーンハイツの情報を更新しました。
    2024-02-24
    スマート・ワン シティ 夏見台新築戸建3号棟の情報を更新しました。
    2024-02-24
    スマート・ワン シティ 夏見台新築戸建2号棟の情報を更新しました。
    2024-02-24
    スマート・ワン シティ 夏見台新築戸建5号棟の情報を更新しました。
    2024-02-24
    スマート・ワン シティ 夏見台新築戸建1号棟の情報を更新しました。
    2024-02-24
    スマート・ワン シティ 夏見台新築戸建8号棟の情報を更新しました。
    2024-02-24
    スマート・ワン シティ 夏見台新築戸建4号棟の情報を更新しました。
    2024-02-24
    ワイズスクエア3の情報を更新しました。
  • 物件掲載中!「いえらぶポータル」

 おすすめ物件


船橋市大穴北4丁目中古戸建

船橋市大穴北4丁目中古戸建の画像

価格
1,180万円
種別
中古一戸建
住所
千葉県船橋市大穴北4丁目6-8
交通
三咲駅
徒歩24分

薬円台5丁目 住宅付き店舗

薬円台5丁目 住宅付き店舗の画像

価格
1億1,800万円
種別
住付店舗
住所
千葉県船橋市薬円台5丁目14-15
交通
薬園台駅
徒歩5分

習志野市大久保 店舗付き住宅

習志野市大久保 店舗付き住宅の画像

価格
1億1,000万円
種別
店付住宅
住所
千葉県習志野市大久保4丁目8-5
交通
京成大久保駅
徒歩13分

ワイズスクエア3

ワイズスクエア3の画像

価格
1億5,350万円
種別
一棟アパート
住所
千葉県浦安市猫実3丁目21-16
交通
浦安駅
徒歩10分

トップへ戻る