047-409-6753

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
火曜日・水曜日

船橋市の戸建て探し・投資情報|【株式会社グランベスト】 > 株式会社グランベストのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却と税金の手引き

不動産売却と税金の手引き

≪ 前へ|船橋市で安心・確実な不動産買取を考える   記事一覧   不動産買取の全て!メリットからデメリットまで解説|次へ ≫

不動産売却と税金の手引き

カテゴリ:税務に関するポイント

不動産売却と税金の手引き - 知っておくべき重要なポイント

query_builder2024/03/17不動産売却
画像1819
この記事では、不動産を売却する際に発生する税金について分かりやすく解説します。譲渡所得の計算方法や税金節約の特例など、売却時に知っておきたい情報をまとめています。
株式会社グランベスト
ロゴ
「相続した不動産を管理できないので、手放そうかと思っている」等、全く異なるご事情に真摯な姿勢で寄り添い、不動産売却のプロとして船橋市で活動しております。専門的なお困り事はプロに相談してみませんか。
株式会社グランベスト
住所:

〒273-0005

千葉県船橋市本町5-1-8 B号

電話番号:
047-409-6753

不動産売却と税金の基礎

まずは基礎から。不動産を売却するとどのような税金が発生するのでしょうか。その全貌を理解しましょう。

不動産売却時に発生する税金

不動産を売却する際には、譲渡所得という概念が重要となります。不動産の売却により得られる収入は、譲渡所得として税金の対象となります。具体的には、売却価格から購入価格や売却に伴う費用を差し引いた金額が譲渡所得として計算され、これに対して税金が課せられます。

また、不動産売却に際しては、さまざまな費用が発生することも留意が必要です。例えば、不動産広告や査定などの費用がかかる場合があります。これらの費用も売却時に差し引くことができるため、税金の計算には事前に確認が必要です。

売却額が大きくなるほど、税金の金額も増えていくことになります。税金の計算方法は複雑であり、さまざまな要素が考慮されます。そのため、売却前に専門家の助言を受けることが重要です。適切な節税対策を検討するためにも、税理士や専門家への相談が役立つでしょう。

不動産売却に際しては、税金の支払いに備えることも大切です。売却価格から税金を差し引いた金額が手元に残ることを念頭に、事前に税金の計算や準備を行っておくことが望ましいです。節税対策など税金の専門的な知識を持たない場合には、専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

譲渡所得の計算方法

譲渡所得の計算方法は、売却価格から購入価格と売却に伴う費用を引いた金額を求めることで行われます。しかし、実際の計算はより詳細な要素を考慮する必要があります。

まず、購入価格は不動産を取得した際の金額となりますが、これには土地代や建物の購入価格だけでなく、諸費用や修繕費なども含まれます。ですので、売却する際にはこれらの費用をきちんと確認し、適切に差し引くことが重要です。

加えて、売却に伴う費用も譲渡所得の計算に影響を与えます。具体的な費用としては、不動産の査定費用や仲介手数料、広告費などがあります。これらの費用も売却価格から差し引くことができますが、把握しておく必要があります。

譲渡所得の計算方法は、売却価格から購入価格と売却に伴う費用を差し引いた金額を求めた後、さらにさまざまな要素を考慮する必要があります。例えば、不動産の所有期間や譲渡所得税の課税方式なども考慮されます。

不動産売却に際しては、税金の計算方法を正確に把握することが重要です。誤った計算方法や見落としは、予想外の税金の支払いを招く可能性があります。税理士や専門家のアドバイスを活用し、適切な計算を行うことが望ましいです。

また、複雑な計算方法を理解することは容易ではありません。そのため、売却前に十分な調査と準備を行うことが必要です。専門家のサポートや情報収集を行い、信頼できる情報に基づいた計算を行うことが望ましいです。

節税のための特例

税金を少しでも節約するために知っておきたい特例について解説します。しかし、これらは全ての人が利用できるものではありません。

5年-2の特例

不動産売却において節税の手法としてよく知られているのが、「5年-2」と呼ばれる特例です。この特例を利用することで、譲渡所得税の非課税や減税の恩恵を受けることができます。

この特例を利用するには、いくつかの条件を満たす必要があります。まず、不動産を所有する期間が5年以上であることが必要です。また、売却した不動産が住宅などの居住用不動産であることも条件となります。

具体的な恩恵としては、譲渡所得税の非課税や減税があります。例えば、5年以上所有した居住用不動産を売却した場合、売却益の一部が非課税となるケースがあります。さらに、非課税されない部分に対しても減税が適用されることがあります。

5年-2の特例は、不動産売却において節税の手段として広く利用されていますが、全ての不動産売却に適用されるわけではありません。特に、投資用不動産や事業用不動産の売却には適用されない場合がありますので、注意が必要です。

また、5年-2の特例を利用するためには、適切な手続きや書類の提出が求められます。売却前に専門家の助言を仰ぎ、必要な手続きや書類の準備を進めることが重要です。

不動産売却においては、節税の手法として5年-2の特例を検討することが有効です。ただし、特例の適用条件や手続きについては注意が必要ですので、信頼できる専門家の助言を受けながら進めることが望ましいです。

その他の特例

5年-2の特例以外にも、不動産売却において税金を節約するために活用できる特例が存在します。特例の種類や適用条件、恩恵の内容は様々ですので、それらについても理解しておくことが重要です。

例えば、中間所得者の特例や住宅用地の特例などがあります。中間所得者の特例は、所得税の軽減措置を受けることができる制度であり、売却益に応じて税率が低くなる特典を受けることができます。

住宅用地の特例は、宅地の売却に関して非課税や減税の恩恵を受ける制度です。特定の地域や条件を満たす土地の売却に適用されますので、特例の詳細を確認し、条件を満たす場合には積極的に利用することを検討しましょう。

さらに、特定の事業用不動産に関しても節税の特例が存在します。事業用不動産の売却が行われた場合に適用される特例では、売却益の一部が非課税となる場合や、特別控除が適用される場合があります。事業用不動産の売却を検討する場合には、このような特例を活用することで税金の負担を軽減できる可能性があります。

ただし、これらの特例も条件がありますので、売却前にしっかりと確認し、適用可能かどうか判断することが重要です。不動産売却においては、節税の特例を活用することで税金の負担を軽減できる場合がありますが、自身の状況に応じた特例を選択し、専門家の意見を参考にすることをおすすめします。

実際のケースで見る税金の計算

それでは、具体的なケースを用いて、如何に税金が計算されるのかを見ていきましょう。

個人の場合

不動産を個人名義で売却する場合、税金の計算や手続きには特定のポイントがあります。ここでは、個人の場合の不動産売却に関する重要な情報をまとめました。

まず、売却に伴う譲渡所得の計算方法ですが、先ほど説明したように売却価格から購入価格や売却に伴う費用を差し引くことで求められます。具体的な金額を計算する際には、正確な情報と適切な書類の提出が必要ですので、売却前にきちんと準備しておくことが大切です。

また、個人の場合には所得税や住民税など、複数の税金が関わることも覚えておくべきです。譲渡所得によって所得税が発生する場合、翌年の2月16日から3月15日までの期間に譲渡所得税の申告を行う必要があります。ここで、必要な書類や手続きを把握しておくことが重要です。

また、売却に伴って発生する住民税についても注意が必要です。住民税は、売却した不動産に応じた所得に基づいた税率で計算されます。所得税と住民税の納税額を把握しておくことで、税金の負担を正確に把握できます。

さらに、個人の場合には売却に伴う税金の支払いに備えることも重要です。税金の支払い方法や納期についても事前に確認し、スムーズな手続きを行うことが求められます。

不動産を個人名義で売却する際には、税金計算や手続きに関する情報を正確に把握し、事前の準備を行うことが重要です。専門家の助言を受けながら、適切な税金の計算と手続きを進めましょう。

法人の場合

不動産を法人名義で売却する場合、個人とは異なる税金のルールが適用されます。ここでは、法人の場合の不動産売却に関する重要な情報をまとめました。

まず、売却に伴う譲渡所得の計算方法ですが、基本的には個人と同様に売却価格から購入価格や売却に伴う費用を差し引くことで求められます。ただし、法人の場合は所得税法や法人税法に基づき、計算方法が異なることがありますので、税理士や専門家のアドバイスを受けることが重要です。

法人の場合には、所得税の申告や納税期限などの手続きも留意が必要です。売却後、所得税の申告は法人の事業年度内に行う必要があります。また、法人税の申告や納税期限も確認しておきましょう。

法人の場合には、法人税のほかにも地方税や事業税などの税金が関わることもあります。売却に伴ってこれらの税金が発生する場合、正確な情報と適切な書類の提出が求められます。専門家のアドバイスを受けながら、税金に関する手続きを適切に進めましょう。

また、法人の売却における税金の支払いに備えることも重要です。税金の支払い方法や納期についても事前に確認し、スムーズな手続きを行いましょう。

法人名義での不動産売却では、個人とは異なる税法や手続きが適用されますので、事前の情報収集と専門家のアドバイスを活用することが必要です。税金に関する知識の不足や手続きのミスは予想外の問題を引き起こす可能性がありますので、慎重な準備とアドバイスを受けながら進めましょう。

税金対策のための準備

不動産売却に際して節税を狙うために、どのような準備が必要なのでしょうか。

適用可能な特例の確認

不動産売却において、節税対策を考える際には、適用可能な特例を確認することが重要です。ここでは、適用可能な特例の確認方法とその内容について解説します。

まず、適用可能な特例の一つとして「5年-2」特例があります。この特例は、不動産を5年以上所有し、それを売却した場合に適用されます。ただし、詳細な条件や制度があるため、事前に確認することが必要です。

また、「5年-2」特例以外にも、特定の地域や条件に応じた特例が存在する場合があります。例えば、地方自治体が設ける特例や、住宅用地に関連した特例などが該当します。これらの特例は地域ごとに異なる場合がありますので、具体的な条件を確認する必要があります。

特例の確認方法としては、まずは国税庁や地方税務署のウェブサイトを活用することがおすすめです。税務署のサイトには特例の概要や条件が記載されていることがあります。また、税理士や税務会計士など専門家に相談することも有効です。彼らは最新の法律や制度を把握しており、適用可能な特例について的確な情報を提供してくれます。

ただし、特例の適用には一定の要件や手続きが伴う場合があります。書類の提出や申請手続きなど、細かい要点にも注意が必要です。事前の確認と準備が不可欠です。

不動産売却に際しては、適用可能な特例の確認と活用が節税の重要なポイントです。ですので、事前に特例の内容や条件を把握し、専門家のアドバイスを受けながら適切な特例を活用することをおすすめします。また、特例の情報は常に更新される可能性があるため、最新の情報にアクセスすることも必要です。

関連する書類の準備

不動産売却に際しては、関連する書類の準備も重要なポイントです。ここでは、不動産売却に関連する書類の準備について解説します。

まず、売却に伴う譲渡所得の計算には、売却価格や購入価格、売却に伴う費用を正確に算出するための書類が必要です。購入した際の契約書や領収書、修繕や査定に関する費用の支払いを証明する書類などが該当します。これらの書類は、売却前からきちんと管理し、必要なときに容易にアクセスできるようにしておくことが重要です。

また、特例の適用による節税を検討する場合には、特例適用のための書類も準備しておく必要があります。特例の申請書や必要な証明書、所得や所得税の計算に関連する書類などが含まれます。これらの書類は特例の条件や手続きに基づいて提出しなければなりませんので、しっかりと準備しておきましょう。

さらに、売却後に税金の申告や支払いを行うために関連する書類も必要です。例えば、譲渡所得税の申告書や確定申告書、所得税の申告書などが該当します。これらの書類は期限内に正確に提出しなければならないため、事前の準備と期限の把握が重要です。

不動産売却に際しては、関連する書類の準備と管理を十分に行うことが重要です。売却時の金額計算や特例の適用、税金の申告や支払いには正確な書類が欠かせませんので、事前に情報を整理し、必要な書類を準備しておきましょう。専門家のアドバイスも受けながら、スムーズな手続きを行うための準備を進めましょう。

売却後の税金の対応

売却後に発生する税金にも注意が必要です。ここでは売却後の税金対応について解説します。

譲渡所得税の申告

不動産を売却した場合、譲渡所得税の申告が必要となります。ここでは、譲渡所得税の申告に関する重要な情報をまとめました。

譲渡所得税は、不動産の売却によって得られた譲渡所得に対して課税される税金です。売却後の翌年の2月16日から3月15日までの期間に申告を行う必要があります。この期間内に申告を怠ると、税務署からの指導や追徴課税の対象となる可能性がありますので、期限を守って申告することが大切です。

譲渡所得の計算には、先ほど説明したように売却価格から購入価格や売却に伴う費用を差し引くことで求められます。正確な金額を計算するためには、売却に関連する書類やレシートなどの保管が重要です。また、特例の適用がある場合は、特例の申告書や関連書類も提出する必要があります。

譲渡所得税の申告では、所得税の確定申告書を利用することが一般的です。高額の譲渡所得の場合や特殊なケースの場合は、所得税確定申告書の特別の記載欄を利用する必要があるかもしれません。書類の提出方法は、紙の申告書を郵送する方法や、電子申告を行う方法などがあります。

申告書類の提出後、税務署からの審査が行われることもあります。申告内容に問題や疑義があれば、追加の書類提出や説明が求められることもありますので、正確な情報と関連書類を備えておくことが重要です。

不動産売却に際しては、譲渡所得税の申告を正確かつ適切に行うことが不可欠です。期限を守って申告し、書類や情報の整理を行うことでスムーズな手続きが可能となります。また、専門家のアドバイスや税務署のヘルプデスクなどからのサポートも活用しましょう。

住民税への対応

不動産売却に際しては、譲渡所得税のほかにも住民税への対応も忘れてはいけません。ここでは、売却後の住民税に関する重要な情報をまとめました。

住民税は、売却した不動産に応じた所得に基づいて課税される税金です。住民税の計算には、売却益に応じた税率や市町村の条例に基づく課税方式が適用されます。税率は市町村によって異なることがありますので、事前に確認することが必要です。

住民税の対応では、まずは売却後の住民税の計算を行う必要があります。売却益に応じた税率を適用し、その金額を売却居住用不動産の市町村に申告することになります。住民税の納税期限にも注意しなければなりませんので、期限を守って納税することが重要です。

また、住民税には一定の控除や免除の制度も存在します。例えば、売却益に応じて住民税の免除が適用される場合や、所得や家族構成に応じた控除が受けられる場合があります。これらの制度を正しく理解し、適用できる範囲で節税対策を行うことが望ましいです。

なお、住民税の対応は売却後に発生する税金ですので、譲渡所得税の申告とは別に対応する必要があります。売却後の税金の手続きや納税については、市町村の税務署や役所のサイトから確認することができます。必要な書類や手続きについても事前に把握しておきましょう。

不動産売却後の住民税への対応は、適切な税金の計算と手続きが要求されます。売却後の所得や市町村の条例に対応するため、正確な情報と期限把握が重要です。専門家のアドバイスや税務署のサポートを受けながら、迅速かつ正確な住民税の対応を行いましょう。

不動産売却の注意点

不動産売却には様々な注意点があります。ここでは売却する際のポイントを紹介します。

不動産の価格設定

不動産を売却するにあたって、適切な価格設定は非常に重要です。ここでは、不動産の価格設定に関するポイントについて解説します。

まず、市場価格の把握が重要です。他の売り手や不動産業者が同じあるいは類似の不動産をいくらで売っているかを調査しましょう。これにより、現在の市場動向を把握できます。市場価格を把握することで、競争力のある価格を設定することができます。

次に、売却対象の不動産の特徴や状態を考慮しましょう。土地の広さや立地条件、建物の築年数など、具体的な特徴や状態によって価格は変わってきます。適切な価格を設定するためには、自身の不動産の特徴と競合する他の不動産との比較を行い、客観的な判断をすることが重要です。

また、専門家の意見を聞くことも有益です。不動産鑑定士や不動産業者に相談して、適切な価格を判断してもらいましょう。彼らは市場の動向や類似の売却事例に精通しており、的確なアドバイスを提供してくれます。

価格設定においては、高すぎず安すぎず、市場において競争力のある価格を設定することが重要です。高すぎる価格では売れず、安すぎる価格では資産を過小評価してしまいます。適切な価格を設定することで、売却をスムーズかつ効果的に進めることができます。

不動産の価格設定は慎重な検討とマーケットの把握が求められます。市場価格の把握や自身の不動産の特徴の分析、専門家の意見を取り入れながら、適切な価格設定を行いましょう。最終的な価格設定は、売主の判断と市場の需要・供給のバランスに基づいて行うことが重要です。

専門家への相談

不動産の売却に際して、専門家の意見を聞くことは非常に有益です。ここでは、専門家への相談の重要性とそのメリットについて解説します。

まず、不動産鑑定士や不動産業者に相談することで、市場動向や類似物件の売却事例など、貴重な情報を得ることができます。彼らは専門的な知識と経験を持っており、客観的な視点で不動産の価値や適切な価格設定を提供してくれます。

専門家との相談は、適切な売却戦略の立案にも繋がります。彼らは市場のトレンドや需要・供給の状況を把握していますので、最適な売却タイミングや販売方法、マーケティング戦略をアドバイスしてくれます。

また、専門家は売却プロセスに関する情報や手続きについても詳しい知識を持っています。税金の計算や書類の準備、契約の手続きなど、売却に伴う重要な要素を理解し、スムーズに進めるためのアドバイスを提供します。

専門家との相談は、節税対策においても有益です。特例の適用や税金の計算方法など、専門家は最新の知識を持っています。適切な節税対策を検討するためにも、税理士や税務会計士などの専門家のアドバイスを受けることは非常に重要です。

売却においては、専門家の意見やアドバイスを参考にすることで、より効果的な売却戦略を立てることができます。信頼できる専門家に相談し、売却の成功に向けて的確なアドバイスを受けましょう。

まとめ

この記事では不動産売却と税金について詳しく解説しました。

基礎知識の習得

不動産売却においては、基礎知識の習得が重要です。ここでは、基礎的な知識を身につけるためのポイントについて解説します。

まずは、不動産の売却によって発生する税金とその計算方法を理解しましょう。不動産を売却すると譲渡所得と呼ばれる収入が発生し、これに対して税金が課せられます。譲渡所得の計算には売却価格から購入価格や売却に伴う費用を差し引く方法がありますが、正確な計算方法を把握するためには専門家の助言を受けることが重要です。

次に、節税の準備と対応について学びましょう。特例の確認や適用条件、売却後の税金の申告や支払い方法など、節税のための準備と対応について理解しておく必要があります。また、特例の適用が可能な場合は、限定的な条件や手続きがあることを把握しましょう。

売却後に発生する税金に注意を払うだけでなく、売却時にも注意が必要です。不動産の価格設定や市場動向、売却戦略などについても基礎的な知識を持つことが重要です。適切な価格設定や効果的な売却戦略を立てるためには、情報収集や専門家の意見を参考にすることが有益です。

基礎知識の習得は、スムーズな不動産売却のために不可欠です。税金の計算方法や特例の確認、売却戦略の立案など、基本的な知識を身につけることで、売却プロセスをよりスムーズに進めることができます。専門家のアドバイスを受けながら、基礎知識をしっかりと習得しましょう。

節税の準備と対応

不動産売却における節税のためには、適切な準備と対応が不可欠です。ここでは、節税の準備と対応について詳しく解説します。

まず、適用可能な特例の確認が重要です。特例は個人や法人によって異なる条件や適用範囲がありますので、自身の状況に合わせて利用可能な特例を確認しましょう。国税庁や税務署のウェブサイトや専門家のアドバイスを活用して、適切な特例を選択することが節税の第一歩です。

特例を活用するためには、必要な書類の準備も忘れてはいけません。特例の申請書や所得や売却に関する書類などが必要となりますので、十分な調査と準備を行いましょう。書類の不備や漏れがあると特例の適用ができない場合がありますので、慎重に準備を進めることが重要です。

売却後の税金への対応も大切です。譲渡所得税の申告や納税期限には注意が必要です。正確な申告とスムーズな納税手続きを行うことで、不要なペナルティーや追加の負担を避けることができます。また、住民税の対応も忘れずに行いましょう。

さらに、売却に伴う費用や経費の正確な把握も節税対策の一環です。売却に関連する費用や修繕費、広告費などが税金の控除対象となりますので、適切に明細や領収書を保管しておきましょう。

不動産売却においては、節税の準備と対応は重要な要素です。適用可能な特例の確認と準備、税金の申告や納税手続き、費用の把握と保管など、慎重な計画と準備が求められます。専門家のアドバイスを受けながら、効果的な節税対策を進めましょう。

後書き

最後に、自身の状況に合わせて具体的な対策を考えることが重要です。

自身の状況を理解する

不動産売却において、自身の状況を正確に理解することは非常に重要です。ここでは、自身の状況を把握するためのポイントについて解説します。

まず、売却を検討する不動産の特徴や状況をよく理解しましょう。土地の広さや立地条件、建物の築年数や設備の状態など、売却対象の不動産の特徴を把握することは重要です。これにより、価格設定や売却戦略の立案において的確な判断をすることができます。

次に、売却の目的や目標を明確にしましょう。売却によって得たい収益や税金の節税、資金の再投資など、自身の目的や目標を具体的に定めることは重要です。また、売却に伴って生じるリスクや費用、将来の計画なども考慮に入れることが大切です。

さらに、自身の財務状況や経済状況も考慮しましょう。売却によって得られる収益が、将来の生活や他の投資にどの程度影響を与えるのかを評価しましょう。自身の経済的なニーズやリスク許容度を考慮して、売却の意思決定を行いましょう。

また、売却に関連する法律や税制の知識も必要です。税金の計算や特例の適用、契約の手続きなど、売却には法的な要素が関わります。不動産税理士や弁護士などの専門家の助言を活用することも検討しましょう。

自身の状況を正確に理解することで、売却の計画を具体化し効果的な戦略を立てることができます。不動産の特徴や目的、財務状況、法的要素などを総合的に考慮し、慎重な検討を行いましょう。専門家の意見を参考にしながら、自身の状況に最適な売却計画を立てることが重要です。

必要であれば専門家に相談する

不動産売却において、必要に応じて専門家に相談することは非常に重要です。ここでは、専門家に相談するメリットと相談のポイントについて解説します。

まず、専門家に相談するメリットは多岐にわたります。不動産鑑定士や不動産業者は市場動向や類似物件の売却事例を把握しており、適切な価格設定や売却戦略を提案してくれます。税理士や税務会計士は税金に関する知識を持ち、節税対策や税金申告に関するアドバイスを行ってくれます。また、弁護士や行政書士は契約書のチェックや法的な手続きのサポートをしてくれます。彼らの専門知識と経験を活用することで、よりスムーズで効果的な売却が可能となります。

相談のポイントとしては、まず信頼できる専門家を選ぶことが重要です。不動産業界や税務の専門家で実績や評判のある人を選びましょう。また、複数の専門家から意見を聞くことも有益です。異なる専門家の意見を比較することで、総合的な判断ができます。

相談する際には、具体的な質問や相談事項を明確にしておいて、的確なアドバイスをもらえるようにしましょう。また、相談料や手数料の有無や額を事前に確認しておきましょう。

さらに、専門家の意見を参考にしながらも、最終的な判断は自身の状況や目標に基づいて行うことが重要です。相談を通じて得た情報や意見を総合的に考慮し、自身の最適な売却戦略を立てましょう。

不動産売却においては、専門家のアドバイスを受けることでより成功した売却が実現できます。信頼できる専門家との相談を通じて、価格設定や税金対策、契約手続きなどを適切に進めましょう。自身の状況や目標を踏まえながら、専門家のサポートを活用してスムーズな売却を目指しましょう。

≪ 前へ|船橋市で安心・確実な不動産買取を考える   記事一覧   不動産買取の全て!メリットからデメリットまで解説|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 不動産売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 更新情報

    2022-04-14
    千葉市 中央区 長洲2丁目 ☆請負契約いただきました。
    投資物件のご購入ありがとうございます!!
    2022-03-31
    千葉市 中央区 長洲2丁目 土地☆ご契約いただきました。
    不動産売却 のご相談ありがとうございます!!
    2022-03-25
    奥州市水沢江刺の土地の契約を頂きました。
    不動産売却 のご相談ありがとうございます!!

    更新情報一覧

  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社グランベスト
    • 〒273-0005
    • 千葉県船橋市本町5丁目1-8
      B号
    • TEL/047-409-6753
    • FAX/047-409-6754
    • 千葉県知事 (1) 第17568号
  • Twitter
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2024-04-19
    オリンポス隅田公園弐番館の情報を更新しました。
    2024-04-18
    スマート・ワン シティ 夏見台新築戸建5号棟の情報を更新しました。
    2024-04-18
    ローターリーパレス市川北の情報を更新しました。
    2024-04-18
    中古戸建/☆築浅☆八千代市緑ケ丘西の情報を更新しました。
    2024-04-18
    木更津アパートの情報を更新しました。
    2024-04-18
    中古アパートの情報を更新しました。
    2024-04-18
    市川市富浜3丁目 中古戸建の情報を更新しました。
    2024-04-18
    スマート・ワン シティ 夏見台新築戸建8号棟の情報を更新しました。
    2024-04-18
    メリア・シエスタの情報を更新しました。
    2024-04-18
    船橋市薬円台2丁目中古戸建の情報を更新しました。
  • 物件掲載中!「いえらぶポータル」

 おすすめ物件


オリンポス隅田公園弐番館

オリンポス隅田公園弐番館の画像

価格
4,480万円
種別
中古マンション
住所
東京都墨田区向島1丁目6-1
交通
本所吾妻橋駅
徒歩6分

中古戸建/☆築浅☆八千代市緑ケ丘西

中古戸建/☆築浅☆八千代市緑ケ丘西の画像

価格
3,880万円
種別
中古一戸建
住所
千葉県八千代市緑が丘西7丁目
交通
八千代緑が丘駅
徒歩24分

八千代市高津 新築分譲2宅地

八千代市高津 新築分譲2宅地の画像

価格
3,680万円
種別
新築一戸建
住所
千葉県八千代市高津453-8東側
交通
八千代緑が丘駅
徒歩29分

市川市富浜3丁目 中古戸建

市川市富浜3丁目 中古戸建の画像

価格
1億2,000万円
種別
中古一戸建
住所
千葉県市川市富浜3丁目
交通
妙典駅
徒歩11分

トップへ戻る