047-409-6753

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
火曜日・水曜日

船橋市の戸建て探し・投資情報|【株式会社グランベスト】 > 株式会社グランベストのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却と税金: 3000万円特別控除の活用方法

不動産売却と税金: 3000万円特別控除の活用方法

≪ 前へ|新築アパート☆アルファ行徳 東西線行徳駅5分・募集中   記事一覧   相続登記義務化の影響 不動産売却に注意が必要|次へ ≫

不動産売却と税金: 3000万円特別控除の活用方法

カテゴリ:永久保存版

不動産売却と税金: 3000万円特別控除の活用方法


不動産を売却する際の税金問題は誰しもが頭を悩ます大きな問題です。特に、一定の要件を満たすと3000万円の特別控除が受けられるという話を聞いたことはありませんか?この記事では、その詳細と活用方法をわかりやすく解説します。
株式会社グランベスト
ロゴ
「相続した不動産を管理できないので、手放そうかと思っている」等、全く異なるご事情に真摯な姿勢で寄り添い、不動産売却のプロとして船橋市で活動しております。専門的なお困り事はプロに相談してみませんか。

不動産売却と税金の基本

まずは不動産売却時の税金についての基本的な知識から見ていきましょう。

不動産売却と税金

不動産を売却する際には、税金の問題がつきものです。不動産を売った際に得た利益には、キャピタルゲイン税が課税されます。つまり、売却益の一部は税金として納める必要があります。この税金の額は、売却益の金額によって異なります。したがって、不動産売却の際には税金の計算をしっかりと行う必要があるのです。売却益が3000万円を超える場合には、特別控除の適用なども考慮する必要があります。税金負担を軽減するためには、税金に関する計画や戦略を練ることも重要です。税務の専門家との相談をすることで、より効果的な税金対策が立てられるかもしれません。不動産売却と税金について正しく理解し、適切な対策を講じることは、財産を守るためにも欠かせないことです。

なぜ税金が発生するのか

不動産の売却に伴う税金の発生を理解するためには、税金の仕組みを把握することが重要です。不動産の売却益には、キャピタルゲイン税が課税されるのです。キャピタルゲイン税とは、不動産や株式などの売却によって得られた利益に対して課税される税金のことを指します。言い換えれば、不動産の売却によって得た利益は、その一部を税金として納める必要があるのです。

なぜ不動産の売却による利益に税金がかかるのでしょうか?それは、税金が社会の基盤を支えるための収入源となるからです。国や地方自治体は、税金を使って公共サービスやインフラの整備を行っています。不動産の売却によって得られた利益も、公共の利益に貢献するための一部として税金として徴収されるのです。

税金は公平な仕組みであり、所得や利益に応じて納める額が調整されます。不動産売却に関しても同様で、売却益が大きければそれに応じて高額な税金が発生します。しかし、実際の税金負担は個々人の状況や法的な規定によって異なるため、適切な税務対策が求められます。

不動産の売却時には、税金の発生を予め把握し、計画的な税務対策を行うことが重要です。特に大きな売却益が見込まれる場合には、税務の専門家と相談しながら最適な方法を検討することが必要です。税金について正確な情報を持ち、税務上の義務を遵守することで、スムーズな不動産売却が実現できるのです。

3000万円の特別控除とは

次に、3000万円の特別控除の詳細について知っておきましょう。

特別控除の概要

不動産売却時において、特別控除という言葉を聞いたことがあるでしょうか。特別控除とは、税金を計算する際に税額から差し引ける金額のことを指します。不動産売却に際して特別控除が適用されると、売却による利益から最大3000万円を控除することができる制度です。

特別控除は、不動産売却に伴う税金負担を軽減するためのメカニズムとして設けられています。売却益が3000万円以下の場合には、この特別控除を利用することで税金の負担を軽減することができます。

特別控除の適用条件は、売却対象の不動産が居住用であり、一定期間所有している場合などが挙げられます。具体的な条件は法律や税務署の指針によって定められていますので、正確な情報を持つことが重要です。また、特別控除を受けるためには、一定の手続きが必要となる場合がありますので、事前に確認しておくことも大切です。

特別控除の活用によって税金負担を軽減することができれば、売却に伴う収入を最大限に活用することができるでしょう。3000万円の控除は、不動産売却によって得られる利益に対して大きな影響を与える要素となります。

ただし、特別控除を受けるためには一定の要件を満たす必要がありますので、注意が必要です。売却前に税務の専門家と相談し、適切な手続きを踏むことで、特別控除を有効に活用することができるでしょう。税金負担を最小限に抑えながら、不動産売却の利益を最大限に引き出すために、特別控除について正確な知識を持つことが重要です。

特別控除の対象者

特別控除の適用対象者について見ていきましょう。特別控除を受けるためには、一定の要件を満たす必要があります。

まず、特別控除の対象となるのは、売却対象の不動産が居住用である場合です。つまり、自己居住や家族の居住を目的とした住宅などが該当します。不動産を資産として保有しているだけでは特別控除の対象にはなりません。

さらに、一定期間不動産を所有していることも特別控除の要件のひとつです。これは、不動産を長期間保有していることで、一時的な利益ではなく、長期的な住宅の資産価値の増加を重視している場合に特別控除を適用するための条件となっています。

特別控除を受けるためには、これらの要件を満たす必要がありますが、具体的な条件は法律や税務署の指針によって定められています。したがって、特別控除を利用する際には、詳細な情報を確認し、適切な手続きを行うことが重要です。

特別控除は、不動産売却に伴う税金負担の軽減を目的としています。対象となる居住用不動産を長期間所有している場合には、特別控除を活用することで税金負担を軽減することができるでしょう。

ただし、対象者であっても特別控除を受けるための手続きが必要です。税務の専門家に相談し、適切な手続きを踏むことで、特別控除を有効に活用することができます。特別控除を受けることで、不動産売却による収益を最大限に引き出すことができるため、注意深く対応することが重要です。

特別控除適用のメリット

この3000万円の特別控除、具体的にはどんなメリットがあるのでしょうか。

税金負担の軽減

特別控除の最大のメリットは、税金負担の軽減です。特に、売却益が3000万円を超える場合には、特別控除を活用することで税金負担を大幅に緩和することができます。

特別控除を受けることで税金負担を軽減することができるのは、売却益に対する税金が控除されるためです。3000万円の特別控除を受けることができれば、売却益の上限が3000万円まで税金の対象となるため、税金負担が大幅に削減されます。例えば、売却益が5000万円だった場合には、5000万円から3000万円の特別控除を差し引いた2000万円が課税所得となり、その課税所得に対して税金が計算されることになります。

税金負担の軽減によって、手元に残る収入が大きく変わることがあります。不動産売却によって得られる大きな利益も、税金によってそれが大幅に減少してしまうことは避けたいものです。特別控除をうまく活用することで、税金負担を軽減し、売却益を最大限に保つことができます。

また、特別控除の適用によって税金負担が軽減されることは、売却戦略を立てる上でも重要です。特別控除を受けることができれば、利益が出た場合でも税金負担が大幅に軽減されるため、売却益を再投資や他の資産への移動に活用するなど、柔軟な選択肢が生まれます。これにより、投資の幅が広がり、資産運用の戦略を最適化することができるでしょう。

税金負担の軽減は、不動産売却において重要な要素です。特別控除をうまく活用し、税金負担を最小限に抑えるためには、売却計画を適切に立てることが必要です。税務の専門家との相談や確認を行いながら、特別控除を有効に活用し、所有していた不動産から得た利益を最大限に引き出すことが、税金負担の軽減につながるのです。

売却戦略のチャンス

特別控除の適用による税金負担の軽減は、不動産の売却において戦略的なチャンスを生み出します。

特に、特別控除を受けることで税金負担が大幅に軽減される場合、売却戦略を柔軟に立てることができます。例えば、特別控除を活用することで売却益が大幅に減少する場合、その分の資金を再投資や他の資産への移動に活用することができます。これによって、資産運用の多様な戦略を追求することができるでしょう。

特別控除を受けることができる場合、不動産の売却による利益が大きくなっても、税金負担が軽減されるため、売却利益を最大限に保つことが可能です。そのため、不動産売却を検討する際には、特別控除の有効な活用を意識することが重要です。

特別控除を活用することで、不動産の売却益が最大限に生かされ、資産運用の幅が広がるだけでなく、将来の自身や家族のために資金を計画的に活用することも可能となります。例えば、特別控除を受けた売却益を住宅の購入や教育費の充当に充てることで、生活の安定や将来の不安要素を解消することができるでしょう。

特別控除を有効に活用するためには、売却計画を適切に立て、税務の専門家との相談や確認が不可欠です。税金負担を軽減しながら、売却益を最大限に活用するためには、税務に関する正確な情報を持つことが重要です。

不動産売却に際しては、特別控除を意識した戦略を持つことが重要です。税務の専門家と協力し、売却戦略を慎重に立てることで、不動産売却に伴う税金負担を最小限に抑えながら、利益を最大限に引き出すことが可能となるでしょう。

特別控除の適用条件とは

一方、どのような条件下で特別控除が適用されるのでしょうか。

居住要件

特別控除を適用するための条件として、売却する不動産の居住要件があります。具体的には、売却しようとする不動産を5年以上所有しているだけでなく、その間に一定期間居住している必要があります。

売却する不動産を5年以上所有しているという要件は、長期的な資産保有を促す目的があります。不動産の価値は時間とともに変動するため、長期間所有することで資産の価値上昇を見込むことができるのです。この5年以上の所有期間を満たすことで、特別控除の対象となる可能性が高まります。

また、所有期間だけでなく、売却する不動産を一定期間居住していることも要件となります。居住要件の期間は法律や税務署の指針によって定められていますので、正確な情報を確認することが重要です。一定期間居住することで、不動産を実際に自己や家族の住居として使用していたことを証明し、特別控除の対象となる資格を得ることができるのです。

居住要件の適用によって、特別控除を受けることできるかどうかが決まりますので、注意が必要です。売却を検討する際には、法律や税務署の指針に基づいて条件を十分に把握し、要件を満たすための適切な行動をとることが重要です。特に、売却前から居住要件を満たすための計画を立てることが推奨されます。

居住要件を満たすことで特別控除を受けることができれば、不動産売却に伴う税金負担を軽減することができます。税金の負担を最小限に抑えながら、不動産の売却によって得られる利益を最大限に引き出すために、居住要件を適切に理解し、適用することが重要です。

再購入要件

特別控除を受けるための条件として、再購入要件も存在します。特別控除を受けるためには、売却後に新たな居住用不動産を購入する予定がある場合、その費用を売却益で賄う部分に対しても特別控除を適用することができます。

再購入要件は、売却益を再投資することで、住宅購入のための費用を賄うことを促す目的があります。売却益を新たな居住用不動産の購入に充てることで、住宅の資金面における負担を軽減することができます。これによって、特別控除を受けながら、新たな居住用不動産の購入に向けた資金計画を実現することが可能です。

再購入要件を満たすためには、売却後一定期間内に新たな居住用不動産の購入手続きを完了させる必要があります。具体的な期間は法律や税務署の指針によって定められていますので、正確な情報を確認することが重要です。また、再購入する不動産が居住用であることも条件となります。

再購入要件を満たすことで、売却益を再投資に充てることができるため、特別控除を受けながら新たな居住用不動産の購入費用を賄うことができます。再購入要件を適切に理解し、計画を立てることで、特別控除を最大限に活用することができるでしょう。

特別控除に関する再購入要件を遵守することは、不動産売却において税金負担を軽減するために重要です。売却後の再購入計画を立てる際には、法律や税務署の指針に基づいて条件を把握し、再購入期限までに適切な手続きを行うことが必要です。特に、再購入前の売却益の使用方法について慎重に考え、資金計画を立てることが推奨されます。

再購入要件を満たすことで、不動産売却による税金負担を軽減しながら、新たな居住用不動産の購入を実現することが可能です。適切な計画と税務の専門家との相談によって、特別控除を最大限に活用し、不動産売却の利益を最大化することが重要です。

具体的な控除の計算方法

具体的に3000万円の特別控除がどのように計算されるのか説明していきます。

控除の具体的な計算手順

特別控除の具体的な計算手順について見ていきましょう。特別控除の計算には、売却額や新たな居住用不動産の価格、所有年数などが考慮されます。

まず、特別控除の計算手順は以下の通りです。

1. 売却額の算定
まずは売却額を計算します。これは、不動産を売却する際に得られる金額です。売却額は、売却時の不動産市場の相場や条件によって決まります。

2. 買取費用や手数料の控除
売却額から、売却に伴って発生する買取費用や手数料などを差し引きます。これによって、手元に残る売却益が算出されます。

3. 特別控除額の算定
特別控除額は、売却益の上限が3000万円となるため、売却益が3000万円を超える場合でも、控除額は3000万円となります。

4. 別途適用される特別控除の算定
特別控除以外にも、他の控除が適用される場合があります。例えば、固定資産税の控除などが該当します。これらの控除によって税金の軽減が可能となります。

5. 控除後の税金の算定
特別控除を適用した後の売却益に対して、所定の税率を適用して税金を計算します。税率は、国や地方自治体によって異なる場合があります。

特別控除の具体的な計算手順は、売却額や他の控除の要素によって変動するため、個々のケースに応じて異なる結果が出る可能性があります。税金に関する正確な情報を持つことが重要ですので、税務の専門家との相談や確認を行いながら、適切な計算手順を進めることが推奨されます。

特別控除の計算手順を理解することで、売却益に対する税金負担を正確に把握することができます。正確な計算と適切な手続きによって、税金負担を最小限に抑えながら、不動産売却の利益を最大化することが可能となるでしょう。

控除適用後の税金の計算

特別控除が適用された後の税金計算について詳しく見ていきましょう。

特別控除が適用された後の税金は、売却価格から特別控除額を差し引いた金額に対して一定の税率を適用して計算されます。具体的な税率は、国や地方自治体によって異なる場合がありますので、正確な税率を把握するためには税務の専門家との相談が重要です。

計算手順は次の通りです。

1. 売却価格から特別控除額を差し引く
売却益から特別控除額を差し引くことで、特別控除後の売却利益が求められます。

2. 特別控除後の売却利益に対する税率の適用
特別控除後の売却利益に対して、所定の税率を適用して税金を計算します。税率は国や地方自治体によって設定されており、売却利益が大きくなるほど税率も高くなることが一般的です。

3. 税金の額を算出
特別控除後の売却利益に対する税率を適用した金額が、特別控除後の税金額となります。この税金額が、不動産売却による最終的な税金負担となります。

特別控除後の税金計算を正確に行うためには、売却価格や特別控除額、税率などを正確に把握することが重要です。不動産売却に伴う税金については個別のケースによって異なるため、税務の専門家との相談や確認を行いながら、適切な税金計算を進めることが推奨されます。

不動産売却に伴う税金の計算は複雑であり、特に特別控除が適用される場合はより詳細な計算が求められます。適切な計算手順を理解し、正確な情報を持つことで、税金負担を最小限に抑えながら不動産売却の利益を最大化することができるでしょう。

特別控除の注意点

特別控除を上手に活用するためには、以下の注意点を抑えておくことが重要です。

適用を逃さないために

特別控除を活用するためには、適切な手続きを踏むことが重要です。特別控除を受けるためには、いくつかの条件や要件がありますので、それらを把握し、適用を逃さないようにすることが大切です。

まず、特別控除の条件や要件について正確に理解することが重要です。売却する不動産が対象となる特定の要件を満たしているかどうかを確認することは欠かせません。要件は法律や税務署の指針によって定められているため、正確な情報を確認することが必要です。

また、特別控除を受けるためには一定の手続きが必要です。特別控除の申請や必要な書類の提出など、適切な手続きを行うことで特別控除の適用を受けることができます。手続きや期限に関する情報は税務署のウェブサイトや税務の専門家から入手することができますので、それらを活用しましょう。

さらに、売却時期や計画についても注意が必要です。特別控除の要件への適合や手続きの適用に時間がかかる場合がありますので、売却を考えている場合には、余裕を持った計画を立てることが重要です。特に、特別控除の適用が認められるかどうかに関わる要件や期限がある場合には、それらを踏まえて売却時期を決定する必要があります。

適用を逃さないためには、正確な情報の入手や適切な手続きの実施が欠かせません。税務の専門家と相談しながら、特別控除の条件や適用に関する詳細を把握しましょう。売却計画を立てる上で、特別控除の適用を逃さないような注意深い対応が求められます。

特別控除の適用を受けることで、不動産売却に伴う税金負担を軽減することができます。適切な手続きや計画を行いながら、特別控除の適用を逃さずに、税金負担を最小限に抑えることが重要です。

特別控除と他の控除の併用

特別控除だけでなく、他の控除との併用も検討することが重要です。特別控除以外にも、固定資産税の控除など、他の控除制度を利用することで、さらに税金負担を軽減するチャンスがあります。

特別控除と他の控除の併用は、さまざまな控除制度の条件や要件を満たす必要があります。例えば、固定資産税の控除は、不動産を所有していることが条件となります。特別控除と固定資産税の控除の両方を活用することで、売却に伴う税金負担をより軽減することができるでしょう。

ただし、特別控除と他の控除の併用には、条件や要件などの制約がある場合があります。各控除制度の詳細な内容を把握し、併用できる条件を満たすかどうかを確認する必要があります。税務の専門家との相談や確認を行いながら、最適な控除の併用を検討しましょう。

特別控除と他の控除の併用によって、不動産売却に伴う税金負担をさらに軽減することができます。複数の控除制度を同時に活用することで、税金の節約効果を最大限に引き出すことができるでしょう。ただし、各控除の条件や要件を正確に理解し、適用の可否を確認することが重要です。

売却を検討する際には、特別控除だけでなく他の控除制度も把握し、適用の可否や併用の可能性を慎重に検討しましょう。税務の専門家のアドバイスを受けながら、最適な控除の組み合わせを探ることが重要です。特別控除と他の控除をうまく併用することで、不動産売却における税金負担を最小限に抑え、利益を最大化することができるでしょう。

特別控除適用の事例

最後に、実際の特別控除適用の事例を見てみましょう。

適用事例1: 一連の売買

特別控除の適用事例を見てみましょう。まずは適用事例1として、一連の売買について考えてみましょう。

例えば、旧居を売却し、その利益を新たな居住用不動産の購入に充てる場合、特別控除を適用する事例が見られます。この場合、旧居の売却によって得た利益に対して特別控除を受けることができます。

特別控除を活用することで、旧居の売却に伴う税金負担を軽減することができます。売却益から特別控除額を差し引いた金額に対して税金が計算されるため、特別控除の適用によって手元に残るお金が増えるのです。

このような一連の売買において特別控除を適用することで、自己や家族の住宅環境の改善やライフスタイルの向上に資金を活用することができるでしょう。また、特別控除を受けた売却益を新たな居住用不動産に充てることで、将来の生活設計や資産形成にもつなげることができます。

ただし、特別控除の適用には一定の要件や期限がありますので、計画的な売買を行うことが重要です。特に、再購入の予定や特別控除の手続きなど、適用に関わる要素を事前に調査し計画を立てることが推奨されます。税務の専門家との相談や十分な情報収集を行いながら、特別控除の適用事例を参考に自身の不動産売買計画を進めましょう。

適用事例2: 相続後の売却

特別控除の適用事例として、相続した不動産を売却し、その売却益を新たな居住用不動産の購入に充てる場合があります。

相続後の売却では、相続した不動産を売却することで得られる利益に対して特別控除を受けることができます。特別控除を適用することにより、売却益から特別控除額を差し引くことで税金負担を軽減することができます。

相続に伴う不動産の売却では、相続人が得る利益に対しても特別控除が適用されます。相続した不動産の売却益が特別控除の対象となる場合、特別控除を活用することで税金負担を軽減できます。これにより、相続後の不動産売却においても資金の最大化が可能となります。

特に、相続後の売却では、相続人が新たな居住用不動産を購入する意向がある場合には、相続した不動産の売却益を新居の購入費用に充てることができます。この際に特別控除を適用することで、売却益に対する税金負担を軽減することができます。

ただし、相続後の売却においても特別控除の適用には条件や要件があります。売却前に特別控除に関する法律や税務署の指針を確認し、適用条件を満たすような計画を立てることが重要です。また、相続後の不動産売却には相続税など他の税金の要素も含まれる場合がありますので、税務の専門家と相談しながらスムーズに手続きを進めましょう。

相続後の売却における特別控除の適用事例からもわかるように、特別控除を上手に活用することで税金負担を軽減し、売却益を最大化することができます。適用条件や手続きについて正確な情報を持ち、適切な計画を立てることで、相続後の不動産売却を有利に進めることが可能となるでしょう。

まとめ

不動産売却と税金、そして3000万円の特別控除について解説しました。

控除を活用するために

特別控除を活用するためには、いくつかのポイントを押さえることが重要です。

まず、特別控除に関する正確な情報を収集することが必要です。特別控除の要件や適用条件、手続きについて十分な理解を深めましょう。税務署のウェブサイトや税務の専門家のアドバイスを活用することで、特別控除に関する正確な情報を入手することができます。

次に、自身の売却計画と特別控除の条件を照らし合わせ、予め適用を受けるための計画を立てておくことが重要です。売却時期や売却額、再購入の予定などを考慮しながら、特別控除を最大限に活用する方法を検討しましょう。

さらに、税務の専門家との相談を積極的に行うこともおすすめです。特に売却益が大きい場合や複雑な事情がある場合には、税務の専門家のアドバイスを受けることで、適切な税務対策を立てることができます。

最後に、特別控除の手続きや期限に関する情報を把握し、適切なタイミングで必要な手続きを行うことが重要です。適用を受けるためには、特定の条件を満たすだけでなく、必要な申請書類や期限を厳守することも大切です。

特別控除を活用するためには、正確な情報の入手と計画的な売却を行うことが鍵となります。適用条件や手続きについての知識を持ち、専門家の助言を受けながら、税金負担を最小限に抑えるための戦略を立てましょう。特別控除の活用は、不動産売却において重要な要素ですので、しっかりと準備をして利益を最大化しましょう。

今後のステップ

特別控除を活用するためには、以下のステップを踏んで計画を進めることが重要です。

まず、特別控除に関する情報を入手し、要件や手続きについて確認しましょう。税務署のウェブサイトや税務の専門家から正確な情報を入手することができます。

次に、自身の売却計画に特別控除を取り入れるための具体的なステップを考えましょう。売却予定の不動産の所有期間や居住要件、再購入の予定など、特別控除の要件との整合性を確認しましょう。

また、税務の専門家と協力して特別控除の活用方法や適用の可否を検討しましょう。特に売却益が大きい場合や複雑な状況がある場合には、税務の専門家のアドバイスを受けることで適切な税務対策を立てることができます。

具体的な売買計画を立てる際には、特別控除の申請や必要な書類の提出などの手続きにも注意を払いましょう。特別控除の期限や申請書類の準備に余裕を持ち、適切なタイミングで手続きを行うことが重要です。

そして最後に、綿密な計画を立てながら売却を進めることをおすすめします。売却予定の不動産の市場価格や売却時期を吟味し、最適なタイミングで特別控除を活用することで、税金負担を最小限に抑えながら利益を最大化することができるでしょう。

特別控除をうまく活用するためには、情報収集、計画の具体化、専門家の助言、手続きの適時の実施などを通じてステップを進めていくことが重要です。しっかりと計画を立てながら行動すれば、税金負担を軽減し、不動産売却の利益を最大限に引き出すことができます。


船橋市の戸建て探し・投資情報は【株式会社グランベスト】

船橋市の不動産売却・不動産買取は【株式会社グランベスト】


≪ 前へ|新築アパート☆アルファ行徳 東西線行徳駅5分・募集中   記事一覧   相続登記義務化の影響 不動産売却に注意が必要|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 不動産売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 更新情報

    2022-04-14
    千葉市 中央区 長洲2丁目 ☆請負契約いただきました。
    投資物件のご購入ありがとうございます!!
    2022-03-31
    千葉市 中央区 長洲2丁目 土地☆ご契約いただきました。
    不動産売却 のご相談ありがとうございます!!
    2022-03-25
    奥州市水沢江刺の土地の契約を頂きました。
    不動産売却 のご相談ありがとうございます!!

    更新情報一覧

  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社グランベスト
    • 〒273-0005
    • 千葉県船橋市本町5丁目1-8
      B号
    • TEL/047-409-6753
    • FAX/047-409-6754
    • 千葉県知事 (1) 第17568号
  • Twitter
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2024-07-06
    黒砂4丁目 中古戸建の情報を更新しました。
    2024-07-06
    スマート・ワン シティ 夏見台新築戸建4号棟の情報を更新しました。
    2024-07-06
    スマート・ワン シティ 夏見台新築戸建5号棟の情報を更新しました。
    2024-07-06
    スマート・ワン シティ 夏見台新築戸建1号棟の情報を更新しました。
    2024-07-06
    スマート・ワン シティ 夏見台新築戸建3号棟の情報を更新しました。
    2024-07-06
    スマート・ワン シティ 夏見台新築戸建7号棟の情報を更新しました。
    2024-07-06
    ワイズスクエア3の情報を更新しました。
    2024-07-06
    スマート・ワン シティ 夏見台新築戸建2号棟の情報を更新しました。
    2024-07-06
    スマート・ワン シティ 夏見台新築戸建8号棟の情報を更新しました。
    2024-07-06
    中古アパートの情報を更新しました。
  • 物件掲載中!「いえらぶポータル」

 おすすめ物件


中古戸建/☆築浅☆八千代市緑ケ丘西

中古戸建/☆築浅☆八千代市緑ケ丘西の画像

価格
3,880万円
種別
中古一戸建
住所
千葉県八千代市緑が丘西7丁目
交通
八千代緑が丘駅
徒歩24分

ワイズスクエア3

ワイズスクエア3の画像

価格
1億5,350万円
種別
一棟アパート
住所
千葉県浦安市猫実3丁目21-16
交通
浦安駅
徒歩10分

薬円台5丁目 ドミトリー翔第二 アパート

薬円台5丁目 ドミトリー翔第二 アパートの画像

価格
1億1,000万円
種別
一棟アパート
住所
千葉県船橋市薬円台5丁目14-16
交通
薬園台駅
徒歩5分

薬円台5丁目 住宅付き店舗

薬円台5丁目 住宅付き店舗の画像

価格
1億1,800万円
種別
住付店舗
住所
千葉県船橋市薬円台5丁目14-15
交通
薬園台駅
徒歩5分

トップへ戻る