047-409-6753

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
火曜日・水曜日

船橋市の戸建て探し・投資情報|【株式会社グランベスト】 > 株式会社グランベストのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却と税金:譲渡所得税、特例

不動産売却と税金:譲渡所得税、特例

≪ 前へ|船橋市山手 リノベーション物件 引渡   記事一覧   公示価格と実勢価格の違いとは?|次へ ≫

不動産売却と税金:譲渡所得税、特例

カテゴリ:永久保存版

不動産売却と税金:譲渡所得税、特例、計算方法まで詳しく解説

query_builder2024/04/21不動産売却マンション戸建て土地
画像1974
この記事では、不動産売却時の税金、特に譲渡所得について詳細に解説します。譲渡所得、所有期間、特例についての基礎知識から計算方法まで、不動産売却に際して必要となる税金について理解し、より良い不動産の売却を行うための参考にしてください。
株式会社グランベスト
ロゴ
「相続した不動産を管理できないので、手放そうかと思っている」等、全く異なるご事情に真摯な姿勢で寄り添い、不動産売却のプロとして船橋市で活動しております。専門的なお困り事はプロに相談してみませんか。
株式会社グランベスト
住所:

〒273-0005

千葉県船橋市本町5-1-8 B号

電話番号:
047-409-6753

不動産売却と税金の関係

まず始めに、不動産売却時に発生する税金の種類とその関係性を理解しましょう。売却時には必ず関わる概念である譲渡所得税を中心に解説します。

不動産売却における譲渡所得

譲渡所得税の計算.pn

不動産売却における譲渡所得とは、不動産を売却した際に得た利益のことを指します。つまり、売却した不動産の売却価格から、取得時の価格や費用を差し引いた差額が譲渡所得となります。譲渡所得には売却によって得た利益だけでなく、売却に伴って生じた受贈が含まれることもあります。不動産売却による譲渡所得は、不動産の所在地の税務署に確定申告を行う必要があります。ただし、所得が一定の範囲内であれば、確定申告の必要はない場合もあります。さらに、一定の特例を活用することで、特別控除や特例税率など、譲渡所得税の負担を軽減することも可能です。不動産売却における譲渡所得は、売却価格や取得時の価格、関連する費用や特例の適用によって変動するため、正確な計算が必要です。不動産を売却する際には、譲渡所得に関する基礎知識を身につけ、税金の負担を把握しておくことが重要です。

譲渡所得税とは

譲渡所得税とは、不動産を売却した際に得られる譲渡所得に課される税金のことです。譲渡所得税は、不動産を売却したことによって得られた所得に対して課税されます。ただし、全額が課税されるわけではありません。所得の一部に対して税率が適用される仕組みです。

譲渡所得税の税率は、所得の金額や保有期間によって変動します。所得が高いほど税率も高くなります。また、所得に対する税率は、所有期間によっても変動します。短期間で売却した場合は短期譲渡所得となり、高い税率が適用されます。一方、長期間保有してから売却した場合は長期譲渡所得となり、より低い税率が適用されます。

譲渡所得税の計算方法は、売却価格から取得価格を差し引いた差額が譲渡所得となります。この譲渡所得に税率を乗じることで、どれくらいの税金が発生するのかを算出することができます。

なお、不動産を売却する際には、譲渡所得税のほかにも住民税や相続税などの税金も考慮する必要があります。これらの税金の負担を最小限にするためには、適切な節税策を取ることが重要です。税金の知識を持ち、専門家のアドバイスを受けながら、税金の負担を最適化することが不動産売却において重要なポイントとなります。

所有期間による税率の違い

所有期間によって、税率が大きく変化します。短期間で売却すると税率が高くなり、長期保有すると税率が下がることを覚えておきましょう。

短期所有の場合の税率

不動産を短期間で売却した場合、短期譲渡所得として税金が課されます。短期譲渡所得税は、売却によって得られた利益に対して高い税率が適用される特徴があります。

具体的には、不動産を5年未満で売却した場合、短期譲渡所得となります。短期譲渡所得税の税率は、所得税と住民税の合計で約40%となる場合があります。税率の具体的な計算方法は、所得税や住民税の税制によって異なりますので、詳細な計算は専門家に相談することをおすすめします。

短期譲渡所得税の税率が高いため、不動産を短期間で売却する場合は、税金負担が増えることに留意する必要があります。したがって、売却する時期や方法を慎重に考えることが重要です。

また、短期譲渡所得には一定の特例も存在します。たとえば、住宅ローン控除や特定の条件を満たす場合の特例税率などがあります。これらの特例を活用することで、税金の負担を軽減することができます。

不動産を短期間で売却する場合は、事前に税金計算を行い、売却後の税金負担を予測することが大切です。専門家の助言を仰ぎながら、適切な税金対策を取ることで、税金の節約とより良い売却結果を得ることができます。

長期所有の場合の税率

不動産を長期間保有した後に売却する場合は、長期譲渡所得として税金が課されます。長期譲渡所得税は、売却によって得られた利益に対して相対的に低い税率が適用される特徴があります。

一般的に、不動産を5年以上保有した後に売却した場合は、長期譲渡所得となります。長期譲渡所得税の税率は、所得税と住民税の合計で約20%となる場合があります。短期譲渡所得税と比較して税率が低いため、長期保有して売却することで税金負担を軽減することができます。

ただし、長期譲渡所得税の税率は、保有期間によって変動する場合があります。具体的な法定税率や控除率は、税制改正などによって変更される可能性があるため、最新の情報を確認することが重要です。また、所得が一定の範囲内の場合は所得税や住民税の特例が適用されることもありますので、専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

長期譲渡所得税の税率が相対的に低いため、不動産を長期保有してから売却することは、税金負担を軽減するための戦略の一つです。ただし、売却時期や方法を慎重に考え、最適な節税策を取ることが重要です。専門家の助言を仰ぎながら、不動産の長期保有と売却における税金の計画を立てましょう。

不動産売却と特例

ブログ

不動産の売却には、税金の負担を軽減するための特例がいくつか存在します。それぞれの特例の条件と内容を把握しましょう。

自宅売却特例

不動産を自宅として使用していた場合、自宅売却特例を活用することで、譲渡所得税の一部または全部を免除することができます。自宅売却特例は、自宅を売却した場合に適用される特別な税制措置であり、特定の条件を満たすことが必要です。

まず、自宅売却特例を適用するためには、売却後一定期間内に次の自宅を新たに購入するか、または住宅購入資金の一部として使用する必要があります。具体的な期間や条件は、地域によって異なる場合がありますので、地方税務署や専門家のアドバイスを受けながら確認することが重要です。

自宅売却特例のメリットは、譲渡所得税の免除が行われることです。これにより、売却によって得られる利益の一部または全部が非課税となります。ただし、免除される範囲は一定の上限があり、その詳細も地域によって異なることがあります。

自宅売却特例を利用するためには、自宅売却に伴って必要な手続きや申告書の提出を正確に行うことも重要です。また、特例の詳細や具体的な条件は税制改正によって変更されることがあるため、最新の情報を入手し、専門家のアドバイスを受けることが推奨されます。

自宅を売却する際には、自宅売却特例を活用することで、譲渡所得税の免除を受けることができます。ただし、特例の条件を正確に理解し、売却後の手続きを適切に行うことが重要です。税務署や専門家との相談を通じて、自宅売却特例を上手に活用しましょう。

不動産売却の計算方法

売却によって発生する税金の計算方法を理解することで、具体的な税金の額を予測し、売却時期等を考える一助にすることが可能です。

譲渡所得の計算方法

不動産の売却による譲渡所得を計算するためには、売却価格と取得価格(原価)の差額を求める必要があります。この差額が譲渡所得となり、税率が適用されます。

まず、売却価格は不動産を売却する際に得られる金額です。これは、実際に売却される価格や売買契約書に基づいて算出されます。

次に、取得価格とは、不動産を取得する際に支払った金額や関連する費用の合計です。具体的な取得価格には、不動産の購入価格や取得に伴う諸経費(登記費用、仲介手数料、修繕費など)が含まれます。取得時の支払いが分散している場合や、売却時にさまざまな費用が生じる場合は、それぞれの支出を正確に加味する必要があります。

差額の計算が譲渡所得の計算における重要なステップです。差額が所得となり、これに税率が適用されます。税率は、短期所有の場合と長期所有の場合で異なります。また、特例の適用によって税率が変わる場合もありますので、詳細な計算は専門家や税務署のガイダンスを参考にすることをおすすめします。

譲渡所得の計算は、正確な金額や費用の把握が必要です。売却価格と取得価格の差額を計算する際には、関連する経費や特例の適用なども考慮しながら行う必要があります。専門家のアドバイスを受けながら、正確かつ適切な譲渡所得の計算を行いましょう。

税金の計算方法

家とお金.jp

譲渡所得の計算が完了したら、次に税金の計算を行います。税金の計算方法は、譲渡所得に税率を組み合わせることで、売却によって発生する税金の額を算出します。

まず、所得税の計算です。所得税は、譲渡所得に対して適用される税率を基に計算されます。具体的な税率は、短期所有の場合と長期所有の場合で異なります。また、特例の適用によって税率が変動する場合もあります。

次に、住民税の計算です。住民税は、前年の総所得金額を基に計算されます。また、所得が増えるほど住民税も増える傾向にあります。不動産の売却による譲渡所得は、前年の所得に含まれるため、売却によって住民税の負担額も変動することになります。

税金の計算には、譲渡所得と税率の組み合わせが必要となります。具体的な計算方法は、税制改正などによって変更される可能性があるため、最新の情報を入手することが重要です。

税金の計算方法を正確に理解し、売却によって発生する税金の見積もりを行うことは重要です。税金の負担は不動産売却の重要な要素であり、計画的な売却を行うために避けては通れないポイントです。

不動産売却に伴う税金の計算は複雑なものですが、専門家のアドバイスや税務署のガイダンスを利用しながら、正確な計算を行いましょう。税務上の義務を遵守しながら、最適な税金対策を考えることが重要です。

不動産売却と住民税

不動産売却による所得は、確定申告の際に自動的に住民税の計算に反映されます。住民税への影響についても理解しましょう。

住民税の計算に含まれる所得

不動産の売却による譲渡所得は、確定申告の際に自動的に住民税の計算に反映されます。したがって、不動産の売却による譲渡所得は、住民税の計算基礎となります。

住民税の計算に含まれる所得とは、前年の総所得金額のことです。総所得金額は、給与所得や事業所得、譲渡所得などさまざまな所得の合計額となります。不動産を売却することによって得られる譲渡所得も、この総所得金額に含まれます。

一般に、住民税は所得に応じて計算されます。所得が増えるほど住民税も増える傾向にあります。したがって、不動産を売却することによって得られる譲渡所得が前年の所得金額に加算されることで、住民税の負担額も変動することになります。

ただし、住民税の計算には、各自治体の税率や割増率、減少控除などの要素も含まれます。これらの具体的な計算方法は、地域によって異なる場合があります。したがって、所得税と住民税の計算には税制改正などの変更点にも留意しながら、最新の情報を確認する必要があります。

不動産の売却と住民税の関係を理解することで、売却に伴う税金負担を把握することができます。売却によって得られる譲渡所得が住民税の計算基礎となるため、正確な税金の見積もりを行い、計画的な売却を行うことが重要です。専門家のアドバイスや税務署のガイダンスを活用しながら、適切な税金対策を検討しましょう。

住民税の負担額評価

不動産を売却することによって得られる譲渡所得は、住民税の計算に影響を与えます。譲渡所得が増えるほど、住民税の負担額も増えるということを理解しておくことは重要です。

住民税の負担額評価には、譲渡所得だけでなく、その他の要素も考慮されます。具体的には、税率や割増率、控除額などが含まれます。これらの要素は、地域によって異なる場合がありますので、所在地の税務署や専門家のアドバイスを参考にすることが重要です。

また、住民税の負担額は、所得に応じて変動します。常に所得が上昇すれば住民税も増えるため、不動産を売却し譲渡所得が発生した場合は、その影響を考慮に入れる必要があります。特に高額な売却によって得られる譲渡所得の場合は、住民税の負担額が大幅に増加することが想定されます。

さらに、住民税の負担額を評価する際には、売却後の生活費や将来の経済的な安定性も考慮に入れることが重要です。住民税が増加することによって、生活費や将来の計画に与える影響を検討することで、売却のタイミングや収入の管理方法を見極めることができます。

不動産の売却による譲渡所得が住民税の負担額に与える影響を評価することは重要です。売却によって増加する譲渡所得は住民税に反映されるため、事前に税金の見積もりを行い、将来の経済的な安定性を考慮しながら売却を検討することが必要です。適切な税金対策や計画的な売却を行うためには、専門家のアドバイスを受けながら、十分な情報を収集しましょう。

不動産売却と相続税

ブログ

不動産売却と相続税との関係も覚えておくと便利です。相続時の不動産売却における税金処理を理解しましょう。

相続時の不動産売却

相続時に不動産を売却する場合は、相続税と譲渡所得税の両方が関連する税金処理が必要となります。売却のタイミングや方法によっても税金処理が異なるため、相続時の不動産売却について詳しく見ていきましょう。

まず、相続時の不動産売却には相続税が関係します。相続税は、相続財産の価値に対して課税される税金です。不動産も相続財産の一部として評価され、その価値に応じて相続税が発生します。ただし、相続時の不動産売却では、相続財産の一部が不動産であるため、相続税の負担を軽減することができる場合もあります。具体的な節税対策や特例の適用については、専門家のアドバイスを受けることが重要です。

また、不動産を相続した後に売却する場合は、譲渡所得税も関係してきます。相続した不動産を売却することで得られる利益が譲渡所得となり、その譲渡所得に対して税金が課されます。長期保有による特例や住民税にも影響が及ぶことがありますので、総合的に税金処理を考えなければなりません。

相続時の不動産売却においては、売却のタイミングや方法が重要です。売却時期や売却価格によって相続税や譲渡所得税が異なる影響を与えます。また、売却前には相続税の評価基準や譲渡所得税の特例をチェックし、税金の節税対策を検討することが重要です。

相続時の不動産売却においては、専門家のアドバイスを受けながら、最適な税金対策を立てることが重要です。相続税や譲渡所得税の計算方法や特例の適用条件などを把握し、適切な税金処理を行いましょう。税務署や不動産専門の顧問に相談することで、円滑な相続手続きとスムーズな売却が実現できるでしょう。

相続税と譲渡所得税の違い

相続税と譲渡所得税は、相続時の不動産売却に関連する税金ですが、異なる性質や計算方法を持っています。ここでは、相続税と譲渡所得税の違いについて詳しく見ていきましょう。

まず、相続税は相続財産の価値に対して課税される税金です。相続税の対象となるものは、相続人が相続した財産や資産です。不動産も相続財産の一部として評価され、その価値に応じて相続税が課されます。相続税の計算には、課税評価額や控除額、税率などが関与します。控除額や特例の適用は相続人や相続関係によって異なりますので、個別のケースによって確認する必要があります。

一方、譲渡所得税は不動産の売却に伴って得られる利益に対して課税される税金です。売却時に得た利益が譲渡所得となり、その譲渡所得に対して税金が課されます。譲渡所得税の計算には、売却価格と取得価格の差額や保有期間、税率などが関与します。また、特定の条件や特例の適用によって税率や税金の負担を軽減することもできます。

相続税と譲渡所得税の違いは、課税対象や計算方法にあります。相続税は相続時に発生し、相続財産の価値に基づいて課税されます。一方、譲渡所得税は売却時に発生し、得られた利益に対して課税されます。

相続税と譲渡所得税は異なる税制度ですが、相続時の不動産売却においては両方が関連してくることがあります。売却するタイミングや方法によっては、相続税と譲渡所得税の両方の税金処理が必要となります。売却前には税制改正や特例の適用条件を確認し、適切な税金対策を検討することが重要です。

相続税と譲渡所得税の違いを理解し、相続時の不動産売却における税金処理を適切に行いましょう。専門家の助言を受けながら、適切な税金対策を立てることで、円滑な相続手続きとスムーズな売却が実現できるでしょう。

核心部分、賢い不動産売却の戦略

これまで解説した知識を踏まえた上で、より賢い不動産売却の戦略について考えてみましょう。税金の節約ポイントを探り、最大限の利益を追求する方法に迫ります。

売却時期の考慮

不動産を売却する際には、売却時期の選定が重要です。売却時期の考慮によって、税金負担を抑えることやより良い売却結果を得ることができます。ここでは、売却時期の考慮について詳しく見ていきましょう。

まず、税金負担を抑えるために売却時期を慎重に選ぶことが重要です。不動産を売却することによって発生する税金は、売却時の譲渡所得に影響を与えます。例えば、売却後に新たな不動産を購入して自宅売却特例を適用する場合など、一定の期間内に売却や新規購入を行うことで、税金の負担を軽減することができる場合があります。また、長期譲渡所得の特例や住民税の負担額評価も考慮する必要があります。税金負担の最小化を図りながら、売却時期を見極めましょう。

次に、市場の状況や需要の変動も売却時期の考慮に重要です。不動産市場は常に変動しており、需給のバランスや物件の評価額に影響を与えます。適切な売却時期を選ぶことで、需要が高まるタイミングや物件の評価が上がっている状況で売却することができる可能性があります。市場のトレンドや専門家の意見を参考にしながら、最適な売却時期を判断しましょう。

また、個人のライフプランや売却目的も売却時期の考慮に影響を与えます。不動産を売却する目的によっては、期間をかけて売却する方が得策である場合もあります。売却後の資金の運用計画や新たな住居の確保、事業の展開などを十分に考慮し、自身の目的に合った売却時期を見つけましょう。

不動産の売却時期は、税金負担の抑制や市場の状況、個人のライフプランによって異なります。売却時期の選定には、専門家の助言や情報収集が不可欠です。慎重な計画と適切な売却時期の選定を行い、最良の結果を得ることを目指しましょう。

特例の活用

不動産を売却する際には、特例の活用も重要な考慮事項です。特例を活用することで、税金の負担を軽減することができます。ここでは、特例の活用方法について詳しく見ていきましょう。

まず、自宅売却特例を活用することが考えられます。自宅を売却した場合は、一定の条件を満たすと所得を一部または全部免除することができます。具体的な条件や節税効果については、税務署や専門家に相談することが重要です。

また、中小企業者等特例も特定の条件を満たす場合に適用される特例です。中小企業者や個人事業主が不動産を売却する際に、税金の負担を軽減する効果があります。特例の内容や適用条件については、地域や業種によって異なるため、専門家のアドバイスを受けることが重要です。

特例の活用には、売却時期や売却価格、売却目的によって異なる特例が存在することも考慮しましょう。例えば、特定の地域や用途に関する特例や、中小企業者や個人事業主に対しての特例など、特例の種類は多岐に渡ります。売却計画を立てる際には、特例の内容を十分に把握し、適切に活用することが重要です。

特例の活用には、適用条件の詳細な確認や申告書の提出、税務署との連絡などが必要となります。正確な手続きを行い、特例を活用することで税金の負担を軽減しましょう。

不動産の売却においては、特例の活用が税金負担の軽減につながる場合があります。自宅売却特例や中小企業者等特例など、売却時の条件や目的に応じて特例を適用することで、節税効果を実現することができます。専門家のアドバイスや税務署のガイダンスを活用しながら、最適な特例の活用方法を検討しましょう。

まとめ:不動産売却と税金について理解する

ブログ

不動産売却する際の税金の基礎知識と、税金負担を抑えるための戦略について解説しました。これらの知識が不動産売却の参考になれば幸いです。

不動産売却と税金の理解

不動産売却を行う際には、税金の理解が不可欠です。売却価格だけでなく、税金やその他の費用も考慮に入れて売却することの重要性を理解しましょう。以下では、不動産売却と税金についての理解のポイントについて詳しく見ていきましょう。

まず、不動産を売却することによって発生する税金の種類とその関係性を把握しましょう。不動産売却時には譲渡所得税が一般的に課されます。譲渡所得税は、売却によって得た譲渡所得に対して課税される税金です。所得税と住民税に分かれ、それぞれの税率や計算方法に注意が必要です。

次に、売却によって発生する税金の計算方法について理解しましょう。不動産売却による譲渡所得は、売却価格と取得価格の差額を計算することで算出されます。この譲渡所得に対して適用される税率が税金の額を決めます。また、売却に伴って発生する費用や特例の適用も考慮に入れる必要があります。

さらに、不動産売却においては、住民税の計算にも注意が必要です。不動産売却による譲渡所得は、住民税の計算基礎となる前年の総所得金額に含まれます。譲渡所得の増加により、住民税の負担額も増えることを考慮しながら、売却を検討しましょう。

最後に、節税のための考慮事項についても理解しておきましょう。不動産売却においては、売却時期や特例の活用が節税のポイントとなります。最適な売却時期の選定や特例の活用によって、税金の負担を効果的に軽減することができます。

不動産売却と税金についての理解は、税務申告や戦略立案のために不可欠です。不動産の売却を検討する際には、売却価格だけでなく、税金やその他の費用も考慮に入れることが必要です。税金の計算方法や節税のポイントについて理解しながら、最適な売却戦略を立てましょう。専門家のアドバイスを受けながら、円滑な売却と税務手続きを進めましょう。

税金を考慮した賢い不動産売却

不動産売却を成功させるためには、税金処理の知識を活かして、高額な税金の支払いを避ける方法を探ることが重要です。以下では、税金を考慮した賢い不動産売却のポイントについて詳しく見ていきましょう。

まず、税金の負担を最小限に抑えるために、売却時期を適切に選ぶことが重要です。短期保有、長期保有、和解の特例をうまく活用することで、税金の負担を最小限に抑えることができます。そのためには、税金の計算方法や特例の内容について正確に理解することが重要です。

また、特例の活用も税金を考慮した賢い不動産売却の一環として重要なポイントです。自宅売却特例や中小企業者等特例を活用することで、税金の負担を軽減することができます。これらの特例には条件や制約がありますので、詳細な内容を確認して上手に活用しましょう。

さらに、税金の考慮だけでなく、売却結果の最大化も賢い不動産売却の目指すべきポイントです。市場の状況や需要の変動を把握し、適切なタイミングで売却することで、売却価格を最大限に引き出すことができます。また、物件の魅力を引き出すために、適切なマーケティングや物件の調整・改善も重要な要素となります。

さらに、売却時には専門家のアドバイスを受けることもおすすめです。不動産の専門家や税理士など、適切なアドバイスを提供してくれる専門家に相談することで、税金対策や売却戦略についての的確な助言を得ることができます。

税金を考慮した賢い不動産売却を行うためには、売却時期の選定や特例の活用、市場の状況の把握などを行う必要があります。専門家のアドバイスを受けながら、最適な税金対策と売却戦略を検討しましょう。さらに、最大の結果を得るために物件の調整やマーケティングにも注力しましょう。税金の計画的な考慮と戦略的な売却の組み合わせによって、より良い不動産売却結果を実現できるでしょう。

≪ 前へ|船橋市山手 リノベーション物件 引渡   記事一覧   公示価格と実勢価格の違いとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 不動産売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 更新情報

    2022-04-14
    千葉市 中央区 長洲2丁目 ☆請負契約いただきました。
    投資物件のご購入ありがとうございます!!
    2022-03-31
    千葉市 中央区 長洲2丁目 土地☆ご契約いただきました。
    不動産売却 のご相談ありがとうございます!!
    2022-03-25
    奥州市水沢江刺の土地の契約を頂きました。
    不動産売却 のご相談ありがとうございます!!

    更新情報一覧

  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社グランベスト
    • 〒273-0005
    • 千葉県船橋市本町5丁目1-8
      B号
    • TEL/047-409-6753
    • FAX/047-409-6754
    • 千葉県知事 (1) 第17568号
  • Twitter
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2024-05-15
    スマート・ワン シティ 夏見台新築戸建5号棟の情報を更新しました。
    2024-05-15
    オリンポス隅田公園弐番館の情報を更新しました。
    2024-05-15
    木更津アパートの情報を更新しました。
    2024-05-15
    ローターリーパレス市川北の情報を更新しました。
    2024-05-15
    メリア・シエスタの情報を更新しました。
    2024-05-15
    中古戸建/☆築浅☆八千代市緑ケ丘西の情報を更新しました。
    2024-05-15
    中古アパートの情報を更新しました。
    2024-05-15
    フドウ船橋ハイツの情報を更新しました。
    2024-05-15
    薬円台5丁目 ドミトリー翔第二 アパートの情報を更新しました。
    2024-05-15
    八千代市高津 新築分譲2宅地の情報を更新しました。
  • 物件掲載中!「いえらぶポータル」

 おすすめ物件


オリンポス隅田公園弐番館

オリンポス隅田公園弐番館の画像

価格
4,480万円
種別
中古マンション
住所
東京都墨田区向島1丁目6-1
交通
本所吾妻橋駅
徒歩6分

八千代市高津 新築分譲2宅地

八千代市高津 新築分譲2宅地の画像

価格
3,680万円
種別
新築一戸建
住所
千葉県八千代市高津453-8東側
交通
八千代緑が丘駅
徒歩29分

市川市富浜3丁目 中古戸建

市川市富浜3丁目 中古戸建の画像

価格
1億円
種別
中古一戸建
住所
千葉県市川市富浜3丁目
交通
妙典駅
徒歩11分

薬円台5丁目 ドミトリー翔第二 アパート

薬円台5丁目 ドミトリー翔第二 アパートの画像

価格
1億1,000万円
種別
一棟アパート
住所
千葉県船橋市薬円台5丁目14-16
交通
薬園台駅
徒歩5分

トップへ戻る