047-409-6753

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
火曜日・水曜日

船橋市の戸建て探し・投資情報|【株式会社グランベスト】 > 株式会社グランベストのスタッフブログ記事一覧 > 公示価格と実勢価格の違いとは?

公示価格と実勢価格の違いとは?

≪ 前へ|不動産売却と税金:譲渡所得税、特例   記事一覧   船橋市で考える、不動産相続の手順と注意点|次へ ≫

公示価格と実勢価格の違いとは?

カテゴリ:永久保存版

公示価格と実勢価格の違いとは?

query_builder2024/04/28
画像2000
公示価格と実勢価格、これらの用語をご存知ですか?不動産を購入する際には、これらの価格を理解することが非常に重要です。この記事では公示価格と実勢価格の違い、それぞれの役割と価格の決定方法について詳しく説明します。
株式会社グランベスト
ロゴ
「相続した不動産を管理できないので、手放そうかと思っている」等、全く異なるご事情に真摯な姿勢で寄り添い、不動産売却のプロとして船橋市で活動しております。専門的なお困り事はプロに相談してみませんか。

公示価格と実勢価格の基本定義

まずは公示価格と実勢価格の基本的な定義です。

公示価格の定義

公示価格.pn

公示価格とは、地方自治体が公表する不動産の価格のことです。不動産を購入する際には公示価格を参考にすることが一般的です。なぜなら、公示価格は公正かつ透明性を確保するために用いられるからです。公示価格は地価公示法に基づき、地元自治体が毎年定めています。算出には地価、地域情報、市場の動向などが考慮されます。公示価格の役割は、土地改良や都市計画、税金等の計算のために活用されます。公示価格は一年に一度しか更新されないため、リアルタイムのマーケット価格を反映していない可能性もあります。しかし、公示価格は地域の一般的な価格を把握するための重要な指標となります。公示価格の理解と活用は、不動産取引を有利に進める上で非常に重要です。

実勢価格の定義

地価.jp

実勢価格とは、市場で実際に取引が行われている不動産の価格を指します。公示価格が地方自治体が公表する価格であるのに対し、実勢価格は市場の実際の動きを反映した価格です。具体的な取引事例や市場情報を基に不動産業者や専門家が判断しています。実勢価格は常に変動し、最新の市場動向を反映しています。これにより、不動産取引において現実的な価格を把握することができます。

実勢価格は公示価格と比較して、より現実的な価格情報を提供します。市場の動きをリアルタイムに反映しているため、より正確な価格情報を得ることができます。 実勢価格の役割は、具体的な不動産取引での価格決定や交渉に活用されます。不動産を売却する際や購入する際には、実勢価格を参考にすることで適正な価格を判断することができます。具体的な取引事例を分析することで、市場のトレンドや需要・供給のバランスを把握することができます。

公示価格と実勢価格は、それぞれ独自の定義と役割を持っています。公示価格は公正性や透明性を重視し、公共の利益を守るために用いられます。一方で、実勢価格は市場の実際の動きを反映しており、具体的な取引事例に基づいて価格が決定されます。両者を適切に理解し、活用することで不動産取引における意思決定の質を向上させることができます。

公示価格と実勢価格の決定方法

ブログ

それぞれの価格はどのように決定されるのでしょうか?公示価格と実勢価格の決定方法を見ていきましょう。

公示価格の決定方法

公示価格は地価公示法に基づき、地元自治体が毎年定めています。その決定方法には様々な要素が組み合わさっています。

まず、公示価格の算出には地価が重要な要素となります。地価は土地の価値を示す指標であり、地域の経済力や需要・供給の関係などが考慮されます。また、土地の利用制限や都市計画などの要素も影響を与えます。地価は地方自治体や国土交通省などが様々なデータや調査を元に算出し、公示価格に反映されます。

さらに、地域情報や市場の動向なども公示価格の決定に影響を与えます。地域ごとの不動産市場の特性や需要の変動、周辺施設や交通アクセスの良さなどが考慮されます。これらの情報は地元自治体が収集し、公示価格の決定に反映させます。

公示価格は不動産の取引価格の参考となるため、透明性と公正性が求められます。そのため、公示価格の決定過程は公開され、市民や関係者の意見や要望も反映されることがあります。地方自治体が公正な手続きを踏んで公示価格を決定することで、市場の健全な発展を促しています。

公示価格の決定方法は地域ごとに異なる場合もあります。地域の特性や需要の変動などを考慮して、柔軟に調整されることがあります。公示価格が正確かつ公正なものとなるように、地域の実情や市場の状況を踏まえた適切な決定が求められます。

実勢価格の決定方法

実勢価格は、具体的な取引事例や市場情報を基に不動産業者や専門家が判断します。実勢価格の決定方法には以下の要素が関与しています。

まず、具体的な取引事例は実勢価格の決定に重要な役割を果たします。過去の不動産取引における実際の価格情報を分析し、同様の条件や物件の特性を持つ場合の価格を推定します。また、最新の取引事例から市場の動向や需要・供給のバランスを把握することも重要です。これにより、現実的な価格情報を得ることができます。

市場情報も実勢価格の決定に影響を与えます。不動産市場の動向、需給バランス、地域の特性など、様々な要素が価格に影響を及ぼします。不動産業界の専門家やマーケットリサーチ機関からの情報収集や分析を通じて、市場の動向を正確に把握し、実勢価格を算出します。

時には、不動産業者や専門家の経験や専門知識が実勢価格の決定に関与します。豊富な経験や専門知識に基づいて、相場感や市場のトレンドを把握し、適切な価格を判断します。また、現地調査や物件の特性の分析も行われることがあります。 不動産業界の専門家や不動産情報サイト、不動産取引プラットフォームなどから最新の市場情報を入手し、実勢価格を把握することが求められます。

実勢価格の決定方法は、地域や不動産の特性によって異なる場合があります。しかし、いずれの場合でも、具体的な取引事例や市場情報、専門家の知見を総合的に考慮し、客観的かつ適切な価格を判断することが重要です。

公示価格と実勢価格の違い

ブログ

公示価格と実勢価格、どちらも不動産の価格を示すものですが、その違いは何でしょうか?

価格の算出方法の違い

公示価格と実勢価格の算出方法にはいくつかの違いがあります。まず、公示価格は地方自治体が定める基準に基づいて算出されます。地価公示法に基づき、地元自治体が土地の価格を算定し、公表します。算出には地域の経済力や需要・供給のバランス、土地の利用制限などが考慮されます。公示価格は通常、一年に一度更新されるため、市場の動向や最新の価格に即していない可能性があります。

一方、実勢価格は市場の実際の動きを反映した価格です。具体的な取引事例や市場情報を基に不動産業者や専門家が判断し算出します。取引された条件や物件の特性、地域の需要・供給などの要素が価格に影響を与えます。実勢価格は常に変動しており、最新の市場動向を反映しています。

公示価格と実勢価格の算出方法の違いは、情報源や更新頻度にあります。公示価格は地方自治体が公開しており、一般の人々がアクセスできる情報です。一方で、実勢価格は不動産業者や専門家が持つ取引データや市場情報を基にしているため、一般の人々には直接的には把握しづらいです。

公示価格は土地改良や都市計画、税金の計算などに利用されることが多く、地域全体の土地価格の目安としても利用されます。一方、実勢価格は不動産取引の際の参考として用いられます。具体的な取引事例を基に算出されるため、市場の実際の取引価格を把握することができます。

価格の算出方法の違いにより、公示価格と実勢価格はそれぞれ異なる側面を持ちます。公示価格は公平性や透明性を重視し、地方自治体によって算出されます。一方、実勢価格は市場の実際の動きを反映し、不動産取引における価格の参考となります。公示価格と実勢価格の両方を理解し、適切に活用することが重要です。

使用する目的の違い

公示価格と実勢価格は、使用する目的によっても異なる特徴を持っています。

まず、公示価格は土地改良や都市計画、税金の計算など、行政上の目的に利用されます。公示価格は地方自治体が公表する公正かつ透明性のある価格情報であり、これを基準に土地の評価や税金の計算が行われます。公示価格は一般の人々にも公開されており、地域の土地価格の目安としても活用されます。

一方、実勢価格は不動産取引における実際の価格情報として使用されます。具体的な取引事例や市場情報を基に算出された実勢価格は、最新の市場動向を反映しており、物件の価値をより正確に把握することができます。実勢価格は不動産の売却や購入、投資などの際に参考となる価格情報として活用されます。

使用する目的の違いから、公示価格と実勢価格の比較が重要となります。公示価格は行政上の価格基準としての役割を果たしていますが、最新の市場動向や実際の取引価格とは必ずしも一致しない場合があります。そのため、公示価格を参考にする際には、地域の実際の取引事例や市場情報も併せて考慮する必要があります。

一方で、実勢価格は市場の実際の動きを反映しているため、不動産取引時により具体的かつ現実的な価格情報となります。取引事例や市場情報を参考にすることで、物件の適正な価格を把握し、価格交渉や投資判断に役立てることができます。

公示価格と実勢価格はそれぞれ異なる使用目的を持ちながらも、互いに補完しあう関係にあります。公示価格は基準となる価格情報として注意深く参考にすることで、不動産取引における合理的な価格判断を行うことができます。実勢価格は市場の実際の動きを反映しており、公示価格との比較検討を通じてより適切な価格の把握が可能となります。

公示価格と実勢価格の活用方法

さて、これらの価格をどのように活用すれば良いのでしょうか?

公示価格の活用方法

公示価格は、不動産取引においてさまざまな活用方法があります。ここでは、公示価格の主な活用方法を紹介します。

まず、公示価格からは、その地域の一般的な不動産価格を把握することができます。公示価格は地方自治体によって公表される公正かつ透明性のある価格情報であり、一般の人々も閲覧できます。これにより、不動産市場の平均的な価格水準を把握することができます。

また、公示価格は不動産市場の動向を把握する上でも役立ちます。公示価格の変動を観察することで、地域の不動産価格の上昇傾向や下落傾向を確認することができます。これにより、市場のトレンドを把握し、適切なタイミングで不動産取引を行うことができます。

公示価格は地域ごとに一般的な価格を示すため、不動産の売買や購入の際には参考にすることが重要です。特に、土地の評価や売買価格の交渉において、公示価格を基準として判断することができます。公正かつ透明性が求められる不動産取引において、公示価格は重要な指標となります。

ただし、公示価格だけでなく、実勢価格などの市場の実際の動きも考慮することが重要です。公示価格は一年に一度更新されるため、最新の市場価格を反映していない可能性があります。そのため、公示価格を参考にする際には、実際の取引事例や市場情報も併せて考慮することが重要です。

公示価格の活用方法は多岐にわたりますが、地域の一般的な価格を把握し、市場の動向を把握するための指標として活用することが重要です。公正かつ透明性のある価格情報である公示価格を理解し、不動産取引において適切な判断を行いましょう。

実勢価格の活用方法

実勢価格は、具体的な不動産取引の実際の価格を把握するための重要な指標です。以下では、実勢価格の主な活用方法をご紹介します。

まず、実勢価格は最新の取引事例や市場情報を基に算出されているため、具体的な不動産取引の参考となります。過去の取引事例や物件の特性、条件などを分析し、同様の条件における価格を推定することができます。これにより、実際の取引価格を把握し、不動産売買や購入の際に適正な価格を判断することができます。

また、実勢価格は市場の動向を反映しており、需要と供給の関係や価格のトレンドを把握することができます。最新の取引事例や市場情報を分析することで、需要の高まりや需要の低下、地域ごとの価格変動などを把握することができます。これにより、物件の価値を正確に見極めることができます。

実勢価格は不動産の売買や投資において重要な指標となります。不動産の売却を検討している場合、適正な価格を知ることで効果的な価格戦略を立てることができます。また、不動産の購入を考えている場合、実勢価格を参考にすることで適正な価格での交渉や投資判断が可能となります。

ただし、実勢価格もそれぞれの物件や地域の特性によって異なる場合があります。物件の状態や立地、需要・供給のバランス、市場のトレンドなどを総合的に考慮する必要があります。不動産業者や専門家の知見や市場情報を活用することで、より正確な実勢価格を把握することができます。

実勢価格は市場の実際の動きを反映しており、不動産取引における価格判断や交渉の基準となります。最新の取引事例や市場情報を十分に収集し、実勢価格を正確に把握することで、不動産取引を有利に進めることができます。

公示価格と実勢価格の注意点

公示価格と実勢価格を確認する際、注意したいポイントを見ていきましょう。

公示価格の注意点

公示価格を参考にする際には、以下の注意点に留意する必要があります。

まず、公示価格は一年に一度しか更新されないため、リアルタイムのマーケット価格を反映していない可能性があります。不動産市場は常に変動しており、公示価格と実際の市場価格との差異が生じることがあります。そのため、公示価格を参考にする際には、現場の動きを反映した実勢価格や最新の取引事例も併せて確認することが重要です。

また、公示価格はあくまで土地の価格を示すものであり、建物やその他の付帯価値は含まれていません。不動産市場では、土地の価格だけでなく、建物や設備などの価値も考慮されます。したがって、公示価格だけに依存せず、物件の状態や立地条件、付帯価値などを総合的に考慮する必要があります。

さらに、地域ごとに公示価格の差異が生じることもあります。不動産市場は地域によって特性や需要・供給のバランスが異なるため、公示価格も地域ごとに異なる場合があります。地域内の公示価格の変動や比較も重要な情報源となりますので、地域の特性を考慮に入れた情報収集が必要です。

公示価格は、土地改良や都市計画、税金の計算などに利用されることが多いですが、不動産の売買や購入においては実勢価格との比較検討が重要となります。公示価格だけで判断するのではなく、市場のトレンドや最新の取引事例、物件の特性なども考慮に入れる必要があります。

公示価格の注意点を理解し、公正かつ透明性のある価格情報を適切に活用することで、不動産取引において適切な判断ができます。

実勢価格の注意点

実勢価格を参考にする際には、以下の注意点に留意する必要があります。

まず、実勢価格は市場の実際の動きを反映していますが、地域によって取引事例が少ないなどの理由で正確な実勢価格を把握することが難しい場合があります。特に、需要が限られている地域や特殊な属性を持つ物件などでは、十分な取引事例が無い場合があります。そのため、実勢価格を判断する際には、複数の情報源や専門家の意見を参考にすることが重要です。

また、実勢価格は市場の動向に即した価格情報を提供しますが、取引された条件や物件の特性によっても異なることを念頭に置いておく必要があります。例えば、売買のタイミングや物件の状態、立地条件などによって取引価格は変動します。そのため、同じ地域や同じ物件でも異なる取引価格が存在することがあります。このような条件や特性を考慮に入れた上で、実勢価格を適切に活用する必要があります。

実勢価格はマーケットの現在の動向を反映する一方で、過去の取引事例や市場情報に基づいて算出されるため、常に変動しています。したがって、最新の市場情報を入手することが重要です。不動産業界の専門家や不動産情報サイト、不動産取引プラットフォームなどから最新の市場情報を収集し、実勢価格を正確に把握することが求められます。

最後に、公示価格と実勢価格はそれぞれ独自の意義と役割を持っています。公示価格は公正かつ透明性のある価格情報であり、市場の一般的な価格を示す指標です。一方、実勢価格は市場の実際の動きを反映した価格情報です。公示価格と実勢価格を併用し、情報を総合的に判断することで、より正確かつ適切な価格の把握が可能となります。

公示価格と実勢価格の見方

最後に公示価格と実勢価格の正しい見方について説明します。

公示価格の見方

公示価格を理解するためには、正しい見方をすることが重要です。以下では、公示価格の見方のポイントをご紹介します。

まず、公示価格は地域の平均的な土地価格の目安となります。公示価格は地域ごとに異なるため、同じ地域内でも物件ごとに価格が異なることがあります。地域の一般的な価格レベルを把握するためには、公示価格の範囲内での価格の動向や比較が必要です。

次に、公示価格には地価公示と土地評価額の違いを理解することも重要です。地価公示は土地の評価を行い、公示するものであり、不動産の売買価格そのものではありません。一方、土地評価額は土地の市場価値を算出し、実際の売買価格に近いものとされます。公示価格を読む際には、地価公示と土地評価額の違いを認識し、適切な解釈を行う必要があります。

また、公示価格を見る際には、地域の特性や需要の変動を考慮することも大切です。不動産市場は地域ごとに異なる特性や需要・供給のバランスがあります。したがって、公示価格を読む際には地域の特性を理解し、市場の動向や需要の変動を注視する必要があります。

公示価格を正しく理解するためには、公示価格の範囲内での価格の動向や比較、地価公示と土地評価額の違い、地域の特性や需要の変動などを考慮する必要があります。公示価格は一つの指標であり、不動産市場の全てを反映しているわけではありません。公示価格を適切に読み解き、不動産取引において正確な判断を行いましょう。

実勢価格の見方

実勢価格を正しく理解するためには、適切な見方をすることが重要です。以下では、実勢価格の見方のポイントをご紹介します。

まず、実勢価格は最新の取引価格や市場の動向を反映しています。不動産業者や専門家が具体的な取引事例や市場情報を基に算出した価格情報です。実勢価格を見る際には、取引事例や市場情報の信頼性や正確性を確認することが重要です。専門家の知見や信頼できる情報源から得られた実勢価格を参考にすることで、より正確な価格情報を得ることができます。

次に、実勢価格を見る際には、取引された条件や物件の特性を考慮する必要があります。実勢価格には、取引時の条件や物件の状態、立地条件、需要・供給のバランスなどが反映されます。そのため、同一の物件でも取引条件が異なる場合は、価格に差異が生じることがあります。物件の特性を理解し、実際の取引価格を参考にすることで、より適切な価格情報を得ることができます。

また、実勢価格を見る際には、市場の動向も注視する必要があります。不動産市場は常に変動しており、需要と供給のバランスや価格のトレンドが影響します。市場の動向を把握することで、物件の価値変動や需要の変化を予測することができます。最新の市場情報を入手し、実勢価格を見る際には市場の動向にも目を向けましょう。

実勢価格を正しく見るためには、取引事例や市場情報の正確性を確認し、物件の特性や市場の動向を考慮する必要があります。公正かつ透明な情報を入手し、実勢価格を適切に活用することで、不動産取引において正確な判断ができるでしょう。

公示価格と実勢価格のバランス

公示価格と実勢価格、どちらが重要なのでしょうか?適切な情報判断にはバランスが求められます。

公示価格と実勢価格のバランスポイント

公示価格と実勢価格は、それぞれの特徴を持つ指標ですが、両者をバランス良く活用することが重要です。以下では、公示価格と実勢価格のバランスポイントについて紹介します。

まず、公示価格と実勢価格は異なる決定方法や情報源に基づいています。公示価格は地方自治体によって公表される公正かつ透明性のある価格情報であり、公共の利益を守るために算出されます。一方、実勢価格は市場の実際の動きを反映し、具体的な取引事例や市場情報を基に算出されます。

公示価格と実勢価格をバランス良く活用するためには、それぞれの価格が示す情報を理解することが重要です。公示価格は地域の一般的な価格を把握するための指標であり、公正性や透明性が求められます。一方、実勢価格は市場の実際の動きを反映する価格であり、具体的な不動産取引における参考となります。

両者をバランス良く活用するには、公示価格と実勢価格を比較し、相対的な価格の傾向や価格差を把握することが重要です。公示価格が地域の一般的な価格を示すのに対し、実勢価格は具体的な取引事例を基に算出されるため、異なる視点から価格情報を得ることができます。

また、物件や取引条件、時期や地域状況なども考慮しながら、公示価格と実勢価格のバランスを見つけることが重要です。不動産の売買や購入においては、価格だけでなく、物件の状態や立地条件、需要と供給のバランスなども重要な要素となります。公示価格と実勢価格を総合的に考慮し、不動産取引において適切な価格の判断を行いましょう。

公示価格と実勢価格は異なる観点から価格情報を提供しますが、それぞれの情報をバランス良く活用することで、より正確な価格の把握が可能となります。公示価格の公正性と透明性を重視しながら、実勢価格の市場の実際の動きを反映させた価格情報も参考にし、不動産取引においてバランスの取れた価格判断を行いましょう。

適切な不動産価格の判断方法

適切な不動産価格の判断には、公示価格と実勢価格を組み合わせた総合的な視点が求められます。以下では、適切な不動産価格の判断方法について紹介します。

まず、公示価格を参考にする際には、地域の一般的な価格水準を把握することが重要です。公示価格は地方自治体によって公表される公正かつ透明性のある価格情報であり、一般の人々も閲覧できます。これにより、不動産市場の平均的な価格水準を把握することができます。

一方で、実勢価格を参考にすることで、最新の取引事例や市場情報を踏まえた価格情報を得ることができます。実勢価格は具体的な取引事例や市場の実際の動きを反映しており、不動産の売却や購入の際に参考にすることができます。そして、公示価格と実勢価格を比較し、価格の相対的な傾向や価格差を把握することが重要です。

さらに、物件や取引条件、時期や地域状況なども考慮して、総合的な判断を行うことが求められます。物件の状態や立地条件、需要と供給のバランスなど、不動産市場に影響を与える様々な要素を考慮に入れながら、公示価格と実勢価格を総合的に判断することで、適切な不動産価格を判断することができます。

適切な不動産価格の判断方法は、公示価格と実勢価格を組み合わせた総合的な視点によって行われます。公示価格から地域の一般的な価格水準を把握し、実勢価格を参考にして最新の取引事例や市場情報を取得します。そして、物件や取引条件、時期や地域状況なども考慮しながら、公正かつ適切な価格の判断を行いましょう。

まとめ

公示価格と実勢価格、それぞれの不動産価格には独自の役割と価値があります。

公示価格と実勢価格の理解と活用

公示価格と実勢価格の理解と活用は、不動産取引を有利に進める上で重要です。公示価格は地域の一般的な価格を把握するための指標であり、公正かつ透明性のある価格情報です。一方、実勢価格は市場の実際の動きを反映した価格情報であり、具体的な取引事例や市場情報に基づいて算出されます。両者の価格情報を比較し、物件や取引条件、市場の動向などを総合的に考慮することで、不動産取引において適切な価格の判断を行いましょう。

公示価格と実勢価格のバランスが重要

公示価格と実勢価格は、不動産取引においてバランスのとれた判断を行う必要があります。

公示価格は地域の一般的な価格を示し、公正かつ透明な情報を提供します。一方、実勢価格は市場の実際の動きを反映し、具体的な取引事例や市場情報に基づいて算出されます。

公示価格と実勢価格は異なる観点から価格情報を提供するため、両者をバランス良く活用することが重要です。公示価格は地域の一般的な価格水準を把握するための指標として参考にし、実勢価格は最新の取引事例や市場情報を踏まえた価格情報として活用することで、不動産価格の相対的な傾向や適正な価格を判断することができます。

公示価格と実勢価格のバランスを見つけることで、不動産取引においてより正確な価格の把握が可能となります。公示価格は公正性や透明性を重視し、地域の一般的な価格情報を示します。一方、実勢価格は市場の実際の動きを反映し、具体的な取引事例に基づいた価格情報を提供します。

公示価格と実勢価格を組み合わせ、両者の価格情報を総合的に判断することで、より適切な不動産価格の判断が可能となります。公示価格と実勢価格をバランス良く活用し、物件の特性や市場の動向を踏まえた適切な価格の判断を行いましょう。これにより、不動産取引においてより有利な条件を手に入れることができます。


船橋市の戸建て探し・投資情報は【株式会社グランベスト】

船橋市の不動産売却・不動産買取は【株式会社グランベスト】


≪ 前へ|不動産売却と税金:譲渡所得税、特例   記事一覧   船橋市で考える、不動産相続の手順と注意点|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 不動産売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 更新情報

    2022-04-14
    千葉市 中央区 長洲2丁目 ☆請負契約いただきました。
    投資物件のご購入ありがとうございます!!
    2022-03-31
    千葉市 中央区 長洲2丁目 土地☆ご契約いただきました。
    不動産売却 のご相談ありがとうございます!!
    2022-03-25
    奥州市水沢江刺の土地の契約を頂きました。
    不動産売却 のご相談ありがとうございます!!

    更新情報一覧

  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社グランベスト
    • 〒273-0005
    • 千葉県船橋市本町5丁目1-8
      B号
    • TEL/047-409-6753
    • FAX/047-409-6754
    • 千葉県知事 (1) 第17568号
  • Twitter
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2024-05-15
    オリンポス隅田公園弐番館の情報を更新しました。
    2024-05-15
    ローターリーパレス市川北の情報を更新しました。
    2024-05-15
    木更津アパートの情報を更新しました。
    2024-05-15
    スマート・ワン シティ 夏見台新築戸建5号棟の情報を更新しました。
    2024-05-15
    フドウ船橋ハイツの情報を更新しました。
    2024-05-15
    メリア・シエスタの情報を更新しました。
    2024-05-15
    LUMIC 鉄骨造3階建18世帯の情報を更新しました。
    2024-05-15
    中古アパートの情報を更新しました。
    2024-05-15
    薬円台5丁目 住宅付き店舗の情報を更新しました。
    2024-05-15
    薬円台5丁目 ドミトリー翔第二 アパートの情報を更新しました。
  • 物件掲載中!「いえらぶポータル」

 おすすめ物件


オリンポス隅田公園弐番館

オリンポス隅田公園弐番館の画像

価格
4,480万円
種別
中古マンション
住所
東京都墨田区向島1丁目6-1
交通
本所吾妻橋駅
徒歩6分

八千代市高津 新築分譲2宅地

八千代市高津 新築分譲2宅地の画像

価格
3,680万円
種別
新築一戸建
住所
千葉県八千代市高津453-8東側
交通
八千代緑が丘駅
徒歩29分

市川市富浜3丁目 中古戸建

市川市富浜3丁目 中古戸建の画像

価格
1億円
種別
中古一戸建
住所
千葉県市川市富浜3丁目
交通
妙典駅
徒歩11分

薬円台5丁目 ドミトリー翔第二 アパート

薬円台5丁目 ドミトリー翔第二 アパートの画像

価格
1億1,000万円
種別
一棟アパート
住所
千葉県船橋市薬円台5丁目14-16
交通
薬園台駅
徒歩5分

トップへ戻る