047-409-6753

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
火曜日・水曜日

船橋市の戸建て探し・投資情報|【株式会社グランベスト】 > 株式会社グランベストのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却時の税金についてわかりやすく解説!

不動産売却時の税金についてわかりやすく解説!

≪ 前へ|不動産取得時に考えるべき相続税のポイント   記事一覧   アパート・マンション経営で満室を達成するための8つのポイント|次へ ≫

不動産売却時の税金についてわかりやすく解説!

カテゴリ:不動産売却

不動産売却時の税金についてわかりやすく解説!

query_builder2024/06/16不動産売却
この記事では、不動産売却時に関わる税金について詳しく解説します。売却準備から税金計算方法、節税のポイントまで詳しく把握し、スムーズな不動産取引を実現しましょう。
株式会社グランベスト
ロゴ
「相続した不動産を管理できないので、手放そうかと思っている」等、全く異なるご事情に真摯な姿勢で寄り添い、不動産売却のプロとして船橋市で活動しております。専門的なお困り事はプロに相談してみませんか。

1. 不動産売却と税金の基本

まずは不動産売却に関連する税金の基本的な知識を理解しましょう。

1.1 不動産売却時にかかる税金の種類

不動産売却時にかかる税金は、様々な種類が存在します。まず最も一般的な税金としては、所得税が挙げられます。不動産を売却することによって得た利益は、原則的に所得として課税されます。売却益がある場合は、その金額に応じて所得税がかかることになります。

また、住民税も売却時に考慮しなければなりません。住民税は居住地の自治体に対して支払われる税金であり、不動産売却の際にも所得に応じて課税されます。住民税は所得税とは異なり、地方自治体によって税率や計算方法が異なることに注意が必要です。

さらに、不動産を売却する際には固定資産税にも目を向ける必要があります。固定資産税は不動産の所有者が毎年支払う税金であり、売却後も残っている場合には新たな所有者に引き継がれます。売却時には固定資産税の滞納がないか確認し、必要に応じて清算を行う必要があります。

その他にも、印紙税や登録免許税など、不動産売却時にかかる税金はさまざまな種類が存在します。これらの税金は売却の際には必要な手続きや申告が求められるため、事前に正確な情報を収集し、適切に対応することが重要です。

不動産売却時の税金については、それぞれの税金の仕組みや計算方法を理解することが大切です。さらに、税金を節税するための方法や注意点にも注意を払う必要があります。売却準備から税金計算まで、きちんと把握しておくことでスムーズな不動産取引を実現しましょう。

1.2 不動産売却における所得税・住民税

不動産売却において、所得税と住民税がどのように影響するのかについて詳しく解説します。

まず、所得税についてです。不動産を売却して得た利益は、一般的に所得として課税されます。ただし、一戸建て住宅など自己居住用の不動産については、譲渡所得としての課税対象外となる場合があります。ただし、一定の条件を満たす必要がありますので、詳細な内容や適用条件を理解することが重要です。

また、不動産売却による所得税は、譲渡所得の金額に対し所得税率を乗じた金額が課税されます。所得税の税率は、所得金額によって段階的に変動し、高額な利益を得た場合は比較的高い税率が適用されることになります。したがって、不動産の売却で得られる利益額を正確に把握し、いくつかの計算方法を使って所得税を計算する必要があります。

次に、住民税についてです。住民税は、不動産売却によって得た所得に応じて課税されます。住民税の計算方法は地方自治体によって異なるため、詳細な計算方法については各自治体のルールを確認する必要があります。また、売却した年度における住民税の課税対象となるため、売却時期によっても住民税額が異なることに注意が必要です。

不動産売却における所得税と住民税は、売却した不動産の利益に対して課税されます。正確な計算と適切な申告が重要です。専門家の助言を受けたり、税務署や役所の窓口で相談することもおすすめです。また、節税のポイントを押さえることで、効果的に税金を軽減することも可能です。

2. 売却準備と税金

不動産売却時の税金節約には、きちんとした準備が重要です。

2.1 棚卸資産の確認

不動産を売却する前に、まずは棚卸資産の確認を行うことが重要です。棚卸資産とは、売却に伴って処分されるものや移転されるものなど、売却時に関連する資産や備品のことを指します。

まず、売却対象の不動産について、所有権の確認を行います。所有権に関する書類や登記簿謄本などを確認し、売却に際して問題がないことを確認します。また、土地や建物を所有しているだけでなく、敷地内の植木や設備なども棚卸資産となりますので、忘れずに確認しましょう。

次に、売却に伴って処分されるものを確認します。例えば、不要な家具や家電、設備などが該当します。これらの資産は売却前に処分することで、不動産の魅力を引き立たせることができます。また、処分に伴う費用や手続きにも注意が必要です。

さらに、売却後に移転が必要なものについても確認します。例えば、取り外し可能な設備や植木、賃貸用の家具などが該当します。これらの移転に伴って費用や手続きが必要な場合には、事前に準備しておくことが重要です。移転時には、引き渡し日程や引き渡し方法なども合わせて確認しましょう。

不動産売却においては、棚卸資産の確認は重要な一手間です。売却時に資産の処分や移転に伴う問題を未然に防ぐことができます。売却前にきちんと確認し、問題がないように準備しておくことで、スムーズな不動産取引を実現しましょう。

2.2 売却価格の決定と税金

不動産売却において、売却価格の決定は税金にも大きく関わってきます。適切な売却価格を設定することで、税金を節税することが可能です。

まず、売却価格の決定には市場価格を参考にすることが一般的です。不動産市場の動向や同じエリアでの相場価格を調査し、現実的な価格を設定しましょう。適正な価格設定は、売却のスピードや利益確保にも関わってきます。

しかし、売却価格が高額すぎる場合には、所得税が増える可能性があります。所得税は売却益に対して課税されるため、売却価格の上乗せによって所得税額も増加することになります。税金負担を軽減するためには、適正な価格設定が重要です。

また、住民税も売却価格に応じて変動します。住民税は所得に基づいて課税されますので、売却価格が高額な場合には住民税も増加することになります。売却予定額を確認し、住民税の増額分も考慮した売却価格の設定を心掛けましょう。

さらに、売却価格の決定には節税のポイントを考慮することも重要です。節税対策としては、控除や特例の活用が挙げられます。例えば、住宅ローン控除や特定の改修費用の控除など、税金負担を軽減するための手続きや条件が存在します。売却価格の決定に際しては、これらの控除や特例の利用も検討しましょう。

売却価格の決定は、税金負担にも大きく影響します。適正な価格設定を行い、所得税や住民税の増額を避けるためには、市場価格や節税対策を考慮しながら慎重に進める必要があります。専門家の助言や税務署の相談窓口の利用も積極的に行いましょう。

3. 税金計算方法

具体的に、不動産売却時の税金はどのように計算するのでしょうか。

3.1 税金計算の基本

不動産売却時の税金計算の基本的な方法について説明します。

まず最初に、所得税の計算についてです。所得税の計算では、売却益を所得として考えます。売却益は、売却価格から取得費用を差し引いた金額となります。取得費用には、不動産の購入時に支払った購入価格や仲介手数料、登記費用などが含まれます。また、売却に伴う手数料や印紙税も取得費用に含めることができます。

売却益を計算したら、その金額に対して所得税率を適用します。所得税率は、売却益によって段階的に変動するため、具体的な税率は所得金額によって異なります。また、特別控除や特別税率が適用される場合もありますので、個別のケースに合わせて適用する必要があります。

次に住民税の計算についてです。住民税の計算では、所得税を基にして計算します。住民税の税率は地方自治体によって異なり、市区町村の税率を適用します。売却益に対して所得税率を乗じた金額を住民税として支払います。なお、住民税は毎年課税されるため、売却した年度の所得に応じて計算する必要があります。

不動産売却時の税金計算では、所得税と住民税を正確に計算することが重要です。取得費用や売却益の計算、所得税率や住民税の税率などの詳細を把握しましょう。また、節税のために適用できる控除や特例についても調査し、税金負担を軽減する方法を検討しましょう。専門家の助言や税務署の相談窓口の利用も活用して、スムーズな税金の計算を行いましょう。

3.2 重要な控除項目

不動産売却時の税金計算において、重要な控除項目が存在します。控除を活用することで、税金負担を軽減することができます。

まず、住宅ローン控除が挙げられます。売却対象の不動産を住宅ローンで購入していた場合、一定の条件を満たすと住宅ローン控除が適用されます。この控除により、売却益から借入残高を差し引くことができます。ただし、条件や計算方法には細かなルールが存在するため、詳細な情報や専門家の助言を参考にすることが重要です。

また、改修費用の控除も考慮すべきポイントです。不動産の売却前に改修や修繕を行った場合、その費用を控除にすることができます。ただし、改修費用の控除は条件付きで適用されることがありますので、具体的な要件や上限額を確認することが重要です。

さらに、固定資産税の控除も有効な手段です。売却前に固定資産税を納めていた場合、その一部を売却益から差し引くことができます。ただし、計算方法や条件には細かなルールがありますので、正確な情報を収集しましょう。

不動産売却時の税金計算では、これらの控除を適用することで税金負担を軽減することができます。ただし、控除の適用には条件や上限があるため、詳細なルールを把握し、正確な計算を行う必要があります。専門家のアドバイスや税務署の窓口での相談も積極的に活用しましょう。節税のポイントを押さえ、不動産売却時の税金負担を最小限に抑えましょう。

4. 税金申告の手続き

売却後の手続きもスムーズに行うために必要な知識を身につけましょう。

4.1 税金の申告時期

不動産売却に伴う税金の申告時期について説明します。

まず、所得税の申告時期についてです。不動産の売却による所得税は、原則として毎年1月1日から12月31日までの期間に発生した所得に関する確定申告が必要です。売却した不動産による所得がある場合、その年の年度末までに所得税の確定申告を行う必要があります。

また、住民税の申告時期についても注意が必要です。住民税は、前年に発生した所得に基づいて課税されるため、売却した不動産による所得については、翌年の住民税の申告時に取り扱われます。住民税の申告書には所得金額や控除の情報を記載する必要がありますので、適切な日程で申告を行うようにしましょう。

ただし、所得税や住民税の申告時期には地域や個別の事情によって異なる場合がありますので、確認が必要です。また、通常の所得税や住民税とは別に、特別な税法や特例が適用される可能性もあるため、それらの申告時期についても把握しておくことが重要です。

不動産売却に伴う税金の申告は厳密な期限が設けられていますので、注意が必要です。申告期限や必要な書類、手続きに関しては税務署や役所のホームページなどを確認しましょう。早めに準備を進め、適切な申告を行うことで、税務上のトラブルを避け、円滑な不動産売却手続きを行いましょう。

4.2 申告の手続き流れ

不動産売却における税金申告の手続きの流れについて詳しく説明します。

まず、税金申告の手続きは原則的に確定申告となります。確定申告は、不動産売却による所得税や住民税の計算結果を税務署に提出する手続きです。申告書の提出方法には、紙の書類を郵送する方法や、インターネットを利用してオンラインで申告する方法があります。

手続きの流れは、以下のようになります。

1. 必要な書類の準備
売却に関連する書類や証明書、領収書などの書類を整理しましょう。具体的には、売却契約書、取得費用や経費に関する領収書、譲渡所得の計算結果などが含まれます。

2. 所得税申告書と住民税申告書の作成
不動産売却による所得税と住民税の申告書を作成します。また、所得税や住民税の控除を申告するための書類も一緒に作成しましょう。申告書は税務署のウェブサイトからダウンロードするか、税務署や役所で入手することができます。

3. 申告書の提出
申告書と必要な書類をセットにして、確定申告書を郵送するか、オンラインで申告する方法を選びます。郵送の場合は、提出期限に余裕を持って送付しましょう。

4. 税金の支払い
申告書提出後、所得税や住民税の税金の支払いが必要です。税務署からの請求書や指示に従って税金を納めましょう。なお、住民税の場合は年度末に支払うことが一般的です。

申告の手続きは、書類の準備や提出期限に注意しながら進めることが重要です。また、不明点や疑問点がある場合には、税務署や役所の窓口に相談に行くなど、専門家のアドバイスを受けることもおすすめです。

税金申告の手続きを正確に行うことで、不動産売却に関する税金のトラブルを回避し、円滑な取引を実現しましょう。

5. 節税のポイント

節税を考慮することで、実際に支払う税金額を抑えることができます。

5.1 節税対策の基本

不動産売却における節税対策の基本について説明します。

節税対策は、税金負担を軽減するための努力です。以下にいくつかの基本的な節税対策をご紹介します。

まず、適正な税金計算が重要です。不動産売却に関わる税金は、所得税や住民税など様々な要素が絡んできます。正確な税金計算を行い、必要な控除や特例を活用することで、税金負担を最小限に抑えることができます。税務署や専門家の助言を受けながら、計算方法や控除の利用方法を把握しましょう。

次に、計画的な売却時期の選択が重要です。所得税や住民税は、売却益に応じた計算が行われます。売却時期によって税率や税金額が変動するため、税金負担を軽減するためには売却時期を慎重に選ぶことが必要です。税金の計算や市場の動向を考慮し、最適な売却時期を見極めましょう。

また、控除や特例の活用も節税のポイントです。例えば、住宅ローン控除や改修費用の控除など、特定の条件を満たす場合には税金の軽減が可能です。これらの控除や特例については、詳細な要件や上限額を確認し、適切に利用することが重要です。税金の計画立てや節税対策を専門家に相談し、最適な節税プランを構築しましょう。

最後に、専門家のアドバイスを活用することも節税対策には重要です。税理士や税務署の窓口での相談を受けることで、個別のケースに合わせた具体的な節税策を提案してもらうことができます。節税対策は個々の状況によって異なるため、専門家の知識と経験を活用することでより効果的な節税が可能となります。

不動産売却における節税対策は、効果的な計画立てと専門家のサポートが重要です。税務の専門知識を持ち、個別のケースに応じたアドバイスや戦略を提供してくれる専門家を活用しましょう。適切な節税対策を行うことで、不動産売却における税金負担を軽減することができます。

5.2 各種控除の活用

不動産売却時には、様々な種類の控除を活用することで節税効果を得ることができます。以下では、主な控除の活用方法について説明します。

まず、住宅ローン控除が挙げられます。売却対象の不動産を住宅ローンで購入していた場合、一定の条件を満たすと住宅ローン控除を受けることができます。この控除により、売却益から借入残高を差し引くことができます。住宅ローンの返済がまだ続いている場合には、この控除を利用することで税金負担を軽減することができます。

次に、改修費用の控除も重要な節税手段です。不動産売却前に改修や修繕を行った場合、それにかかった費用は売却益から差し引くことができます。ただし、改修費用の控除は条件付きで適用される場合がありますので、詳細な要件や上限額を確認しましょう。売却前に改修を行って不動産の魅力を高めると同時に、税金負担を軽減することができます。

さらに、固定資産税の控除も有効な手段です。売却前に固定資産税を納めていた場合、その一部を売却益から差し引くことができます。ただし、計算方法や条件には細かなルールがありますので、正確な情報を収集しましょう。固定資産税の控除を活用することで、税金負担を軽減することができます。

不動産売却時の節税対策において、各種控除の活用は非常に効果的です。住宅ローン控除や改修費用の控除、固定資産税の控除など、具体的な控除方法や条件については税務署や専門家に相談しましょう。不動産売却に伴う税金負担を軽減するために、適切な控除の活用を検討しましょう。

6. 不動産売却と相続税

最後に、不動産売却と相続税との関連について見ていきましょう。

6.1 不動産売却と相続税の関係

不動産売却と相続税の関係について説明します。

不動産を売却すると相続税にどのような影響があるのでしょうか。まず、不動産の売却によって得た収益は相続税の課税対象となります。つまり、売却益は相続財産に含まれ、相続税の対象となる可能性があります。

しかし、相続税は相続人が不動産を継承する場合に課税されるものであり、売却後に得た収益が相続人によって分けられる場合には、相続税の課税対象とならない場合もあります。売却前にこの点を考慮し、事前に相続税の計画を立てることが重要です。

相続税の計画としては、贈与や相続時精算特例などの特別控除を活用する方法があります。贈与は、生前に不動産を家族や親族に贈与することで、相続税負担を軽減する方法です。相続時精算特例は、相続財産を一定期間内に売却する際に適用される特例で、相続税の計算方法を簡略化し、相続税負担を軽減することができます。また、信託による不動産の管理や売却も、相続税対策の一つとして考慮されます。

しかし、相続税は個々のケースによって異なるため、専門知識を持つ税理士や弁護士に相談することをおすすめします。相続税の計算方法や特例の活用方法などについて、適切なアドバイスを受けることで、相続税負担を軽減することができます。

不動産売却と相続税の関係は複雑ですが、事前の計画や専門家のサポートを受けることで、相続税の節税効果を最大限に引き出すことができます。特に高額な不動産売却を行う場合には、相続税の影響を考慮に入れた計画を立てることが重要です。

6.2 相続税対策のポイント

相続税対策のポイントについて説明します。

まず、相続税対策の一つ目のポイントは、贈与による財産の移転です。生前に不動産を贈与することで、相続税の負担を軽減することができます。贈与は、相続人に対して特定の財産を贈与することを意味し、一定の条件や上限額内であれば税金の非課税控除が適用されます。ただし、贈与は必ずしも節税効果があるわけではなく、専門家との相談や財産管理計画を立てることが重要です。

次に、相続税対策のポイントとして、相続時精算特例の活用が挙げられます。相続時精算特例は、相続した不動産を所定期間内に売却する場合に特例措置が適用され、相続税の計算を簡素化するものです。この特例を活用することで、売却による所得税と住民税の計算が簡略化され、相続税の負担を軽減することができます。ただし、特例の適用条件や必要な手続きには注意が必要です。

さらに、信託による不動産の管理や売却も相続税対策の一つです。信託は、不動産を信託財産として託し、信託契約に基づいて信託財産を管理する方法です。信託を利用することで、相続税負担を軽減することができます。信託は専門的な手続きや契約が必要なため、専門家の指導を受ける必要があります。

相続税対策は個別のケースによって異なるため、専門家のアドバイスを受けることが重要です。税理士や弁護士などの専門家と相談し、個別の状況に合わせた最適な相続税対策を立てましょう。相続財産や相続人の状況、売却時期などを考慮に入れ、税務上のメリットを最大限に引き出すような計画を立てることが重要です。

7. 質問コーナー

よくある質問をまとめてお答えします。

7.1 売却時の税金に関するQ&A

売却時の税金に関するよくある質問とその回答をまとめました。

Q: 不動産を売却した場合、どのような税金がかかるのでしょうか?
A: 不動産売却には主に所得税と住民税がかかります。売却益に対して所得税が課税され、また、住民税は所得に応じて課税されます。

Q: 不動産売却時に控除を活用することはできるのでしょうか?
A: はい、不動産売却時にはさまざまな控除が活用できます。例えば、住宅ローン控除や改修費用の控除、固定資産税の控除などがあります。

Q: 不動産売却時の税金の申告はいつすればいいのでしょうか?
A: 原則として、不動産売却に関する所得税の申告は売却した年度末までに行う必要があります。また、住民税の申告は翌年に行う場合が一般的です。

Q: 不動産売却に伴って相続税はかかるのでしょうか?
A: 不動産売却によって得た収益は相続税の課税対象となる場合があります。ただし、相続税は相続人が不動産を継承する場合に課税されるため、売却後に得た収益を相続人が分かち合う場合には相続税は課税されないこともあります。

Q: 不動産売却における節税のポイントは何ですか?
A: 節税のポイントは、正確な税金計算・申告、適切な控除の活用、売却時期の選定などがあります。また、贈与や相続時精算特例、信託による管理や売却なども節税の手段として考慮されます。

これらは一般的な質問への回答ですので、具体的なケースによって異なる場合があります。不動産売却における税金に関する詳細な情報や具体的なケースについては、税務署や専門家に相談することをおすすめします。

7.2 まとめと次へのステップ

まとめと次へのステップについてお伝えします。

不動産売却時の税金について、所得税や住民税の計算方法、控除の活用、相続税などについて解説しました。売却時の税金は様々な要素が絡み合い、個別のケースによって異なる場合があります。ですので、専門家の助言や税務署の相談窓口を活用しながら、自身の状況に合わせた適切な節税対策を考えましょう。

また、不動産売却に伴う税金対策だけでなく、売却後の手続きにも注意が必要です。売却後には固定資産税の清算や税金の申告書の提出、税金の支払いなどがあります。これらの手続きを適切に行うことで、円滑な不動産取引を実現しましょう。

次に進むステップとしては、具体的な行動を起こすことが重要です。まずは売却予定の不動産に関する情報を整理し、専門家のアドバイスを受けながら節税プランを立てましょう。税務署や役所の窓口での相談も有効です。売却計画の段階で必要な書類や手続きについても把握し、事前に準備しておくことが大切です。

不動産売却は大きな経済的な取引ですので、税金や手続きに関するミスやトラブルを避けるためにも、じっくりと準備を行いましょう。トータルの財務プランを考慮に入れながら、不動産売却に伴う税金の節税や手続きの順調な進行を目指してください。専門家のサポートを受けながら、スムーズな不動産取引を成功させましょう。

8. 税金計算ツールの紹介

最後に、不動産売却時の税金を簡易的に計算できるツールを紹介します。

8.1 税金計算ツールのメリット

税金計算ツールのメリットについてご説明します。

税金計算ツールを利用することで、不動産売却時の税金計算を簡単かつ正確に行うことができます。以下に、税金計算ツールのメリットをいくつか挙げます。

1. 迅速な計算: 税金計算ツールを使用することで、手動での計算作業が不要となります。必要な情報を入力するだけで、正確な税金計算結果を素早く取得することができます。

2. 精度の向上: 税金計算ツールは最新の税法や税率を反映しており、正確な計算が行われます。人為的なミスや計算ミスを防ぐことができ、節税効果を最大化することができます。

3. 記録の保持: 税金計算ツールは入力した情報を保存する機能を持っていることがあります。売却履歴や税金計算結果を保管することで、将来の査定や税務申告時に役立ちます。

4. 透明性と理解の促進: 税金計算ツールは計算結果を一目で確認することができます。税金の計算過程や各項目の計算結果が可視化されるため、税金制度に関する理解を深めることができます。

ただし、税金計算ツールはあくまで参考として利用することが重要です。個別のケースに応じた税金の計算や手続きは、税務署や専門家のアドバイスを受けることが必要です。税金計算ツールを活用しながらも、専門家のサポートを受けながら正確な計算と適切な税務対策を行いましょう。

税金計算ツールは不動産売却時の節税や手続きに役立つツールです。正確な税金計算と効果的な税務対策を行うために、税金計算ツールを活用してスムーズな不動産取引を進めましょう。

8.2 おすすめの税金計算ツール

おすすめの税金計算ツールをいくつかご紹介します。

1. 「税金計算くん」: ユーザーフレンドリーなインターフェースと簡単な操作で、不動産売却時の税金計算をサポートしてくれる便利なツールです。最新の税法や税率を反映しており、正確な計算結果を提供してくれます。

2. 「税金マイスター」: 幅広い税金の計算に対応したツールで、不動産売却に関する税金計算もサポートしています。給与所得や特別控除など、複数の要素を考慮した総合的な計算結果を提供してくれます。

3. 「不動産売却クラウド」: 不動産売却に特化した税金計算ツールです。不動産の売却益や取得費用、特定の控除項目などを入力することで、正確な税金計算結果を即座に得ることができます。

これらの税金計算ツールは、専門的な知識がなくても利用できるため、初めての方にもおすすめです。ただし、税金計算ツールの利用はあくまで参考として行い、最終的な申告や手続きは税務署や専門家に相談することが重要です。

税金計算ツールを活用しながら、不動産売却時の節税対策や手続きを円滑に進めることができます。お好みや使いやすさを考慮して、適した税金計算ツールを選びましょう。正確な税金計算と適切な節税対策を行い、スムーズな不動産取引を成功させましょう。


船橋市の不動産売却・不動産買取は【株式会社グランベスト】

船橋市の戸建て探し・投資情報は【株式会社グランベスト】


≪ 前へ|不動産取得時に考えるべき相続税のポイント   記事一覧   アパート・マンション経営で満室を達成するための8つのポイント|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 不動産売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 更新情報

    2022-04-14
    千葉市 中央区 長洲2丁目 ☆請負契約いただきました。
    投資物件のご購入ありがとうございます!!
    2022-03-31
    千葉市 中央区 長洲2丁目 土地☆ご契約いただきました。
    不動産売却 のご相談ありがとうございます!!
    2022-03-25
    奥州市水沢江刺の土地の契約を頂きました。
    不動産売却 のご相談ありがとうございます!!

    更新情報一覧

  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社グランベスト
    • 〒273-0005
    • 千葉県船橋市本町5丁目1-8
      B号
    • TEL/047-409-6753
    • FAX/047-409-6754
    • 千葉県知事 (1) 第17568号
  • Twitter
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2024-07-20
    グレイス南行徳の情報を更新しました。
    2024-07-20
    フドウ船橋ハイツの情報を更新しました。
    2024-07-19
    八千代市高津 新築分譲2宅地の情報を更新しました。
    2024-07-19
    船橋市薬円台2丁目中古戸建の情報を更新しました。
    2024-07-19
    習志野市大久保 店舗付き住宅の情報を更新しました。
    2024-07-19
    船橋市新高根4丁目土地の情報を更新しました。
    2024-07-19
    薬円台5丁目 住宅付き店舗の情報を更新しました。
    2024-07-19
    薬円台5丁目 ドミトリー翔第二 アパートの情報を更新しました。
    2024-07-19
    メリア・シエスタの情報を更新しました。
    2024-07-19
    ローターリーパレス市川北の情報を更新しました。
  • 物件掲載中!「いえらぶポータル」

 おすすめ物件


グレイス南行徳

グレイス南行徳の画像

価格
580万円
種別
中古マンション
住所
千葉県市川市福栄3丁目6-7
交通
南行徳駅
徒歩12分

八千代市高津 新築分譲2宅地

八千代市高津 新築分譲2宅地の画像

価格
3,400万円
種別
新築一戸建
住所
千葉県八千代市高津453-8東側
交通
八千代緑が丘駅
徒歩29分

船橋市薬円台2丁目中古戸建

船橋市薬円台2丁目中古戸建の画像

価格
2,780万円
種別
中古一戸建
住所
千葉県船橋市薬円台2丁目
交通
薬園台駅
徒歩13分

習志野市大久保 店舗付き住宅

習志野市大久保 店舗付き住宅の画像

価格
1億1,800万円
種別
店付住宅
住所
千葉県習志野市大久保4丁目8-5
交通
京成大久保駅
徒歩13分

トップへ戻る