047-409-6753

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
火曜日・水曜日

船橋市の戸建て探し・投資情報|【株式会社グランベスト】 > 株式会社グランベストのスタッフブログ記事一覧 > 投資と不動産:初心者ガイド

投資と不動産:初心者ガイド

≪ 前へ|家の売却を考えているあなたへ:スムーズな家の売却のためのガイド   記事一覧   不動産取得時に考えるべき相続税のポイント|次へ ≫

投資と不動産:初心者ガイド

カテゴリ:投資物件

投資と不動産:初心者ガイド

query_builder2024/06/02管理
この記事では、投資不動産の基本的な知識から始め、選び方、管理方法など、初心者が投資不動産に入門するための情報を提供します。投資不動産は適切な知識と情報があることが成功の鍵です。
株式会社グランベスト
ロゴ
「相続した不動産を管理できないので、手放そうかと思っている」等、全く異なるご事情に真摯な姿勢で寄り添い、不動産売却のプロとして船橋市で活動しております。専門的なお困り事はプロに相談してみませんか。

投資不動産とは

初めて投資不動産を学ぶ人のために、ここでは投資不動産の基本と、その魅力について解説します。

投資不動産の概念

投資不動産の概念について考える前に、まずは不動産投資の基本を理解しましょう。

不動産投資とは、不動産を購入することによって収益を得るための投資の形態です。一般的には賃貸収入が主な収益源となりますが、他にも売却益やキャピタルゲインなど、さまざまな方法で利益を得ることができます。

投資不動産の場合、所有する不動産は単なる資産としての価値だけでなく、収益を生み出すポテンシャルを持っています。つまり、不動産の価値が長期的に上昇することが期待される一方で、賃貸収入などの安定したキャッシュフローを得ることができるのです。

また、投資不動産は長期的な視点で運用されることが一般的です。不動産市場は短期的な変動があるものの、長期的には需要が安定しているため、比較的安定した投資対象です。そのため、投資不動産は退職後の収入源や資産形成の手段としても注目されています。

ただし、投資不動産にはリスクも存在します。例えば、不況や地域の経済状況の悪化によって賃料収入が減少する可能性や、物件に関するトラブルが発生する可能性などがあります。そのため、投資不動産を始める前には適切なリスク管理や情報収集が必要です。

投資不動産は、適切な知識と情報があることが成功の鍵となります。次の章では、投資不動産の魅力について詳しく説明します。

投資不動産の魅力

投資不動産の魅力にはいくつかの要素があります。

まず、その魅力の一つは安定した収入源です。投資不動産の主な収益源は賃貸収入です。不動産を貸し出すことによって、毎月の固定収入を得ることができます。これは、長期的なキャッシュフローを期待できるという点で、投資不動産の大きな魅力と言えるでしょう。

また、投資不動産は物価上昇や経済の変動に比較的影響を受けにくいという特徴もあります。不動産は需要と供給に基づいて価値が形成されるため、物価上昇やインフレーションの影響を受けにくいとされています。これにより、投資不動産は資産の価値が長期的に上昇する可能性があります。

さらに、投資不動産は資産としての利益も期待できます。不動産市場は一定の需要があり、土地や建物は長期的に資産価値が上昇する傾向があります。そのため、投資不動産を所有することで、将来的に資産の価値が上昇することが期待できるのです。

ただし、投資不動産にはリスクも存在します。市場の変動や経済の動向によって価値が下落する可能性があるほか、テナントトラブルや修繕費の負担なども考慮しなければなりません。そのため、投資不動産に取り組む際には、適切な情報収集とリスク管理が重要です。

投資不動産は、安定した収入源、物価上昇への強さ、資産価値の長期的な成長といった魅力を持っています。次の章では、投資不動産の選び方について詳しく解説します。

投資不動産の選び方

投資不動産を選ぶためには、何を重視するかが鍵となります。ここではそのポイントを解説します。

立地条件の重要性

投資不動産を選ぶ上での重要なポイントの一つが、立地条件です。立地条件は投資不動産の収益性に大きな影響を与えるため、慎重に選ぶ必要があります。

まず、交通便が良いかどうかが重要です。不動産の利便性は賃貸需要に直結します。駅やバス停、高速道路などの交通機関へのアクセスが良く、通勤や通学に便利な立地は、賃借人からの需要が高まります。また、周辺に駐車場やコンビニエンスストアなどの生活施設があるかどうかも、立地の良し悪しを左右します。

さらに、地域の生活環境も考慮しましょう。学校や病院、買い物施設などが近くにあるかどうかは、ファミリータイプの賃借人を惹きつける要素となります。周辺の公園やレジャースポットなど、住みやすい環境が整っているかどうかも、賃貸需要を左右する要素の一つです。

さらに、地域の経済状況も重要な要素です。産業の発展や商業施設の進出など、地域全体の活性化が見込まれる場所であれば、不動産の価値が上昇しやすくなります。逆に、経済の停滞や過疎化が進んでいる地域では、賃貸需要が低下し、収益性に影響が出る可能性があります。

立地条件は投資不動産の収益性に大きく関わるため、慎重な選択が必要です。市場調査や地域情報の収集を行い、将来の需要や地域の発展の可能性を見極めることが重要です。また、立地条件だけでなく、物件の状態や周辺の競合物件なども考慮に入れて、総合的な判断を行いましょう。

次の章では、物件の価格と収益性について詳しく解説します。立地条件と収益性をバランスよく考慮し、適切な投資不動産を選ぶためのポイントをご紹介します。

物件の価格と収益性

投資不動産を選ぶ際に重要な要素の一つが、物件の価格と収益性のバランスです。物件価格が高すぎる場合、賃料収入だけでは投資回収が難しい可能性があります。そのため、賢い投資をするためには、物件の価格と収益性をしっかりと見極める必要があります。

まず、物件価格は、現在の市場価格や周辺の不動産相場と比較して妥当なものかどうかを確認しましょう。高すぎる価格で購入してしまうと、将来的な賃料収入や売却益で投資回収することが難しくなります。逆に、安すぎる価格の物件は、品質や立地の問題が考えられるため、注意が必要です。

収益性については、賃料収入を中心に考えることが重要です。物件の賃貸需要や周辺の賃料相場を調査し、予測可能な収益を見積もることが必要です。賃料収入が物件価格に見合っているかどうかを判断する際には、キャッシュフロー計算や利回りの分析などを行うと良いでしょう。

また、物件の種類によっても収益性は異なります。例えば、商業用不動産やオフィスビルなどは、賃料収入が比較的高い傾向がありますが、入居率の変動やリース契約の更新が必要な場合も考慮する必要があります。一方、住宅用不動産やアパート、マンションなどは、需要の安定性が高く、長期的な収益を期待できる傾向があります。

物件の価格と収益性のバランスを考慮して適切な物件を選ぶためには、市場調査や収益予測の分析が欠かせません。また、投資不動産を長期的に保有する場合には、将来的な需要の予測や地域の発展の可能性も考慮することが重要です。

次の章では、投資不動産の運用方法について解説します。適切な運用を行うことで、投資不動産からより高いパフォーマンスを得ることができます。

投資不動産の運用

運用方法も投資不動産の重要な要素の一つです。適切な運用が投資成功につながります。

賃貸管理会社との関係

投資不動産の運用においては、賃貸管理会社との関係が重要な要素となります。不動産の日常的な管理やトラブルへの対応を任せることで、効率的な運用が可能となります。ここでは、賃貸管理会社との関係について解説します。

まず、賃貸管理会社の選び方ですが、信頼性や実績、料金体系などを考慮しながら選ぶことが重要です。信頼できる業者を選ぶことで、日々のトラブルや賃借人の管理、入居者募集などを専門的に行ってもらうことができます。また、管理会社の実績や評判を確認することもおすすめです。

次に、賃貸管理会社との契約内容についてです。契約書には費用や業務内容、報酬などが明記されていますので、契約前にしっかりと読んで納得した上で契約しましょう。また、契約期間や解約条件なども把握しておくことが重要です。

賃貸管理会社には、賃料徴収や滞納者への対応、入居者の募集や契約書の作成、退去時の立ち会いなど、さまざまな業務があります。特に賃料の徴収とその管理は重要な役割です。購入した物件が収益を生むためには、家賃の滞納を最小限に抑えることが必要です。

また、コスト削減のために自己管理を選択することもできますが、適切な知識や時間、経験が必要となる場合があります。賃貸管理会社に業務を任せることで、専門的な知識と経験、ネットワークを活用することができます。

賃貸管理会社との関係は、投資不動産の運用において重要な役割を果たします。適切な管理会社を選び、契約内容や業務の確認をしっかりと行いましょう。次の章では、投資不動産の運用におけるもう一つの重要な要素、マネーフローの管理について解説します。

マネーフローの管理

投資不動産の運用において、マネーフローの管理は重要な要素です。適切なマネーフローの管理がなければ、投資不動産から十分な収益を得ることは難しいでしょう。

まず、賃料収入の管理が重要です。賃貸収入は投資不動産の主要な収益源ですので、滞納者の管理や定期的な賃料の徴収を確実に行う必要があります。入居者からの家賃が滞ると、投資不動産の収益に影響が出ますので、滞納者への対応は迅速かつ適切に行う必要があります。

また、マネーフローの管理には修繕積立金や予想外の出費に備えることも含まれます。投資不動産には様々な費用が発生します。例えば、定期的なメンテナンスや修繕、空室対策などです。これらの費用をコントロールし、収益に与える影響を最小限に抑える必要があります。

さらに、投資不動産のキャッシュフローを把握するためには、すべての収入と支出を正確に記録することが重要です。家賃収入やその他の収益、管理費や修繕費などの支出を月次または年次で詳細に管理しましょう。これによって、収益性や運用の効率性を把握し、必要な対策や改善策を見つけることができます。

さらに、税金の管理もマネーフローの一環です。不動産には固定資産税や都市計画税などの税金がかかりますので、これらを適切に予測し、支払いに備える必要があります。また、所得税や相続税などの税金対策も重要なポイントですので、税理士などの専門家の助言を仰ぐことも検討しましょう。

マネーフローの管理は投資不動産の運用において重要な要素です。正確な収支データの管理や適切な賃貸収入の管理、修繕積立金や税金の管理に努め、収益性を最大化するような運用を心がけましょう。次の章では、投資不動産における税金の面について解説します。

投資不動産と税金

投資不動産には税金の面も重要な要素です。ここではそのポイントを解説します。

固定資産税と都市計画税

投資不動産には、固定資産税と都市計画税という税金の支払い義務があります。ここでは、そのポイントについて解説します。

まず、固定資産税とは、不動産の所有者が毎年支払わなければならない税金です。不動産の所有者である投資家は、土地や建物に基づいて計算された税金を納付する義務があります。固定資産税は不動産の資産価値に基づいて算定されるため、投資不動産の価値が上昇すると税金額も増える可能性があります。

次に、都市計画税です。都市計画税は、都市計画事業の実施に係る費用を賄うための税金です。都市計画税は、土地や建物に対して一定の割合で課税され、資産の価値によって税金額が決まります。都市計画税は固定資産税とは別に納める必要があります。

固定資産税と都市計画税は不動産所有者にとって重要な負担ですが、投資においては避けることができない要素です。ただし、適切な税務プランニングを行うことで負担を軽減することもできます。例えば、減価償却や特別控除などの制度を活用することで、税金額を最適化することができます。

また、相続税という視点でも投資不動産に関連する税金が存在します。不動産を相続する場合、相続税の対象となることがあります。適切な相続税対策を行い、負担を最小限に抑えることが重要です。

税金は投資不動産において重要な要素ですので、税金の専門家や税理士のアドバイスを受けることもおすすめします。正確な税務管理と適切な税金対策を行い、税金負担を最適化することが投資不動産の収益性を向上させる一助となります。次の章では、所得税や相続税について詳しく解説します。

所得税と相続税

投資不動産には、所得税と相続税という税金の関わりがあります。ここでは、そのポイントについて解説します。

まず、所得税です。投資不動産から得られる賃貸収入は、所得税の対象となります。賃貸収入は一定の控除額を差し引いた上で、個人の所得として課税されます。したがって、投資不動産からの収益を得る際には、所得税を適切に申告し、納税する必要があります。

所得税を考慮する際には、経費の計算も重要です。投資不動産にかかる経費は、例えば修繕費や管理費、保険料などです。これらの経費を適切に計上することで、収益に対する税金負担を軽減することができます。しかし、経費の計算には正確性が求められるため、適切な記録の管理や専門家の助言を受けることが重要です。

また、相続税も投資不動産に関連する税金です。投資不動産を相続する場合、その資産価値が相続税の課税対象となる可能性があります。相続税の計算方法は複雑であり、資産評価や節税対策などについて専門家のアドバイスが必要となる場合があります。

投資不動産における所得税と相続税は、投資家にとって重要な要素です。所得税を適切に申告して納税し、相続税対策を行うことで、税金負担を最小限に抑えることができます。必要に応じて税理士や税金の専門家に相談し、適切な税務管理と税金対策を行いましょう。

次の章では、投資不動産に伴うリスク管理の重要性について解説します。リスクを適切に把握し、対策を講じることで、安定した投資不動産の運用が可能となります。

リスク管理

投資する以上、リスクが無いわけではありません。リスク管理の重要性について解説します。

空室リスクへの対処

投資不動産には空室リスクが存在します。空室が長期化すると収益性が低下し、投資の成果に影響を及ぼす可能性があります。ここでは、空室リスクへの対処方法について解説します。

まず、適切な賃料設定が重要です。高すぎる賃料設定では入居者の獲得が難しく、低すぎる賃料設定では収益性が低下する可能性があります。周辺の相場や需要と供給のバランスを考慮し、競争力のある賃料設定を行いましょう。また、入居者の要望に応えるために、適切な設備やサービスを提供することも重要です。

次に、物件改善が有効な対策です。魅力的な物件状態や設備の整備は、入居者の獲得や長期的な滞在につながります。例えば、内装のリフォームや設備のアップグレード、セキュリティの向上などを検討しましょう。また、マーケティング活動や広告宣伝の工夫も空室リスクを減らすために有効です。

また、入居者とのコミュニケーションも重要です。入居者が不満や問題を抱えたまま退去したり、更新しなかったりする可能性があります。そのため、常に入居者との円滑なコミュニケーションを図り、問題解決に努めましょう。入居者の要望や意見を丁寧に聞き入れ、改善策を実施することで、入居者の満足度を高めることができます。

空室リスクへの対処には、即座な対応が求められます。空室が発生した場合は、迅速に広告や募集活動を行い、入居者の獲得に努めましょう。また、不動産業者や専門家の助言を仰ぐことも検討してください。

次の章では、投資不動産における物件価値の変動リスクについて解説します。地域の動向や需要の変化によって物件価値は変動しますので、リスクを把握し、適切な運用を行いましょう。

物件価値の変動リスク

投資不動産には、物件価値の変動リスクという要素が存在します。地域の人口動態や経済状況の変化、周辺環境の変化などによって、物件の価値が変動する可能性があります。ここでは、物件価値の変動リスクについて解説します。

まず、人口動態の変化が物件価値に影響を与えることがあります。例えば、人口減少や高齢化が進む地域では、賃貸需要が低下し、物件の入居率や賃料が影響を受ける可能性があります。逆に、若年層や学生の需要が高まる地域では、賃貸需要や物件価値が上昇することが予想されます。

また、地域の経済状況の変化も物件価値に影響を与える要素です。経済の停滞や産業の衰退が進む地域では、需要の低下や賃貸収入の減少が予想されます。一方、産業の発展や都市開発が進む地域では、需要の増加や物件価値の上昇が期待できます。地域の経済状況を注意深く観察し、物件の将来性を見極めることが重要です。

さらに、周辺の環境の変化も物件価値に影響を与える要素です。公共施設や交通インフラの整備、近くに新しい商業施設がオープンするなど、周辺環境の改善は物件価値の上昇につながります。逆に、自然災害の発生や犯罪の増加など、負の要素があれば物件価値が低下する可能性があります。

物件価値の変動リスクを把握するためには、地域の市場動向や需要の変化を注意深く観察することが重要です。地域の発展性や将来性を考慮し、物件選びや適切な運用を行うことで、物件価値の変動リスクを最小限に抑えることができます。

次の章では、投資不動産の成功例について学んでみましょう。成功例を参考に、投資不動産の成功につながる要素を探っていきます。

投資不動産の成功例

成功した投資不動産の事例を参考に、成功への道筋を学んでみましょう。

成功例1:立地選びの成功

成功する投資不動産の一つの例として、立地選びの成功事例を紹介します。

立地選びの成功には、将来的な開発計画や地域の成長ポテンシャルを見越して選ぶことが重要です。例えば、将来的に新しい鉄道路線が開通する予定の地域や、都市再開発が進む地域などは、将来的な需要の増加や資産価値の上昇が期待できます。

また、市場調査と周辺環境のチェックも欠かせません。土地の交通アクセスや周辺の生活施設、教育施設などが整っており、住みやすい環境があることが重要です。さらに、近くにショッピングモールや公園などの魅力的な施設がある場合も、賃貸需要の高まりや物件価値の上昇につながることがあります。

成功例では、立地選びの際に将来の需要や成長ポテンシャルを見極め、地域の発展性を重視した投資が行われました。例えば、ニーズの高まりが予想される学生街や商業地域、観光地などをターゲットにした投資が成功したケースがあります。

ただし、立地選びの成功例もリスクや変動要因に注意が必要です。将来の開発計画が頓挫する、周辺環境の変化が予想外の方向に進むなど、様々な要素が物件価値に影響を与える可能性があります。そのため、常に市場の情報収集や地域の動向を注視し、投資判断を行う必要があります。

立地選びの成功例を参考に、将来性や発展性を見極め、魅力的な立地を選択することが投資不動産の成功につながります。次の章では、もう一つの成功要素として、適切な運用の成功例について紹介します。

成功例2:適切な運用

適切な運用が投資不動産の成功につながるという点を見ていきましょう。

成功例の中には、適切な賃貸管理やコスト管理、空室対策を実施することで、収益性を最大化したケースがあります。例えば、賃貸管理会社との緊密な連携や入居者の満足度向上の取り組みが行われ、入居率が高い状態が維持されることで、安定した賃料収入を確保したケースがあります。

また、コスト管理も重要な要素です。適切な修繕やメンテナンスの実施、契約や調達の見直しによって、経費を節約することができます。さらに、空室対策として、入居者探しの広告やマーケティング活動の工夫も行われたケースがあります。

成功例の中には、長期的な視野で物件価値向上を目指し、改修や再開発を行ったケースもあります。例えば、古い建物をリノベーションし、魅力的な住環境を提供することで、賃貸需要や入居者の満足度が向上し、物件価値が上昇したケースがあります。

しかし、成功例の中にはリスクや挫折も存在します。適切な運用には常にリスク管理が求められます。変動する市場状況や需要の変化に柔軟に対応する能力、計画的なキャッシュフロー予測なども重要です。成功例を参考にしながらも、自身の投資戦略や目標に合わせた運用計画を立てることが重要です。

適切な運用の成功例を参考に、賃貸管理やコスト管理、空室対策などを適切に実施しましょう。このような運用戦略の成功によって、投資不動産からより高いパフォーマンスを得ることができます。

次の章では、投資不動産で失敗しないためのポイントについて解説します。失敗を避けるために押さえておくべきポイントをまとめ、読者の方々が投資不動産を成功させるためのヒントを提供します。

投資不動産で失敗しないために

最後に失敗しないためのポイントを組み合わせてみましょう。

知識をしっかり持つ

投資不動産で成功するためには、適切な知識を持つことが不可欠です。ここでは、知識をしっかりと持つことの重要性について解説します。

まず、投資不動産に関する基礎知識を把握することが必要です。市場の動向や需要の変化、税金や法制度の理解など、投資不動産に関連する知識を習得しましょう。これによって、適切な判断や戦略を立てることができます。

また、情報収集も重要です。不動産市場や地域の動向、競合物件の状況など、最新の情報を収集することで、投資判断がより正確になります。情報はインターネットや専門書籍、セミナーなどから入手することができます。

さらに、投資不動産の税務や法的な知識も身につけることが重要です。所得税や相続税など、税金に関連する知識や法律の把握は、効果的な資産管理や節税戦略につながります。税理士や弁護士のアドバイスを受けることも検討しましょう。

知識を持つことによって、投資不動産のリスクを最小限に抑えることができます。知識を活かして的確な投資判断を行い、適切なリスク管理をすることで、投資不動産からより高い収益を得ることができます。

次の章では、投資不動産で失敗しないためのポイントについて解説します。失敗を避けるために、リスク管理や基本的な考え方を押さえておきましょう。

リスク管理を怠らない

投資不動産で成功するためには、リスク管理を怠らないことが重要です。ここでは、リスク管理の重要性について解説します。

まず、リスク管理は投資不動産において不可欠な要素です。リスクは常に存在し、予期しないトラブルや市場の変動などが発生する可能性があります。リスク管理を怠ることは大きな損失や投資の失敗を招く可能性がありますので、適切な対策を講じることが必要です。

例えば、空室リスクや賃料収入の減少に備えたリスク対策を行うことが重要です。適切な賃料設定や物件の改善、入居者の満足度向上など、入居率を高めるための対策を行いましょう。また、十分なキャッシュフローを確保し、予想外の出費に対応できるような資金計画を立てることも重要です。

さらに、物件価値の変動リスクにも注意を払う必要があります。市場の動向や需要の変化に柔軟に対応する能力が求められます。地域の成長性や周辺の開発計画などを考慮し、将来性を見極めることが重要です。また、建物の状態や設備のメンテナンスも適切に行い、物件の価値を維持するための管理を徹底しましょう。

リスク管理には、情報収集や専門家の助言が役立ちます。不動産市場や経済の動向、法的な変更などの情報をチェックし、リスクを予測しましょう。また、税理士や弁護士などの専門家のアドバイスを受けることも重要です。

投資不動産はリスクを伴う投資ですので、リスク管理を怠らずに適切な対策を行いましょう。リスクを把握し、適切な対応をすることで、投資不動産の安定的な運用と成功を実現することができます。

最後の章では、まとめとして投資不動産の基本や成功につながる要素を振り返ります。

まとめ

投資不動産は適切な知識と戦略、リスク管理が必要です。これまでの内容を振り返ってみましょう。

投資不動産の基本

投資不動産の基本を振り返りましょう。

投資不動産は、収益を得るために不動産を購入する投資の形態です。主な収益源は賃貸収入であり、長期的なキャッシュフローを期待する投資です。安定した収入源になることや物価上昇に影響を受けにくいことが魅力とされます。

投資不動産を選ぶ際には、立地条件や物件の価格と収益性などを考慮します。適切な立地条件を選び、需要の高い地域や成長が見込まれる地域を優先しましょう。また、物件の価格と収益性のバランスを考慮し、収益性の高い投資不動産を選ぶことが重要です。

適切な運用も投資不動産の成功に必要な要素です。賃貸管理会社との関係を築き、適切な運用やマネーフローの管理を行いましょう。また、税金やリスク管理の重要性も忘れずに意識し、投資不動産を効果的に運用しましょう。

投資不動産の基本を把握し、成功につながる要素を考慮しながら投資を行うことが重要です。継続的な学習や市場の情報収集などを行いながら、堅実な投資戦略を実践しましょう。

以上が、投資不動産の基本についての概要です。成功への道筋を考えながら、投資不動産への挑戦を進めていきましょう。

成功につながる要素

成功につながる要素を振り返りましょう。

成功した投資不動産の要素としては、適切な立地条件の選択や物件の価格と収益性のバランスの考慮があります。また、適切な運用を行い、賃貸管理やマネーフローの管理を効果的に行うことも重要です。

さらに、リスク管理や適切な情報収集なども成功につながる要素です。リスクを把握し、適切な対策を講じることで、リスクを最小限に抑えることができます。また、常に最新の情報を収集し、市場動向や需要の変化を把握することも重要です。

成功には、適切な知識と情報の取得、プロフェッショナルなサポートを活用することも欠かせません。投資不動産に関連する税務や法的な知識を習得し、専門家のアドバイスを受けながら適切な運用を行いましょう。

これらの要素を組み合わせて、投資不動産の成功を目指しましょう。常に自己啓発や学習を怠らず、適切な投資戦略を検討していきましょう。

投資不動産は堅実な投資手段の一つであり、成功への道は人それぞれです。自身の目標やリスク許容度に合わせて計画を立て、着実に進めていきましょう。最後までお読みいただき、ありがとうございました。


船橋市の不動産売却・不動産買取は【株式会社グランベスト】

船橋市の戸建て探し・投資情報は【株式会社グランベスト】


≪ 前へ|家の売却を考えているあなたへ:スムーズな家の売却のためのガイド   記事一覧   不動産取得時に考えるべき相続税のポイント|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 不動産売却
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 更新情報

    2022-04-14
    千葉市 中央区 長洲2丁目 ☆請負契約いただきました。
    投資物件のご購入ありがとうございます!!
    2022-03-31
    千葉市 中央区 長洲2丁目 土地☆ご契約いただきました。
    不動産売却 のご相談ありがとうございます!!
    2022-03-25
    奥州市水沢江刺の土地の契約を頂きました。
    不動産売却 のご相談ありがとうございます!!

    更新情報一覧

  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社グランベスト
    • 〒273-0005
    • 千葉県船橋市本町5丁目1-8
      B号
    • TEL/047-409-6753
    • FAX/047-409-6754
    • 千葉県知事 (1) 第17568号
  • Twitter
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2024-06-12
    黒砂4丁目 中古戸建の情報を更新しました。
    2024-06-12
    小栗原住宅2号棟の情報を更新しました。
    2024-06-12
    二和西グリーンハイツの情報を更新しました。
    2024-06-12
    習志野市大久保 店舗付き住宅の情報を更新しました。
    2024-06-12
    船橋市大穴北4丁目中古戸建の情報を更新しました。
    2024-06-12
    船橋市薬円台2丁目中古戸建の情報を更新しました。
    2024-06-12
    スマート・ワン シティ 夏見台新築戸建7号棟の情報を更新しました。
    2024-06-12
    スマート・ワン シティ 夏見台新築戸建2号棟の情報を更新しました。
    2024-06-12
    薬円台5丁目 住宅付き店舗の情報を更新しました。
    2024-06-12
    プライベートテラス船橋・馬込沢 2号棟の情報を更新しました。
  • 物件掲載中!「いえらぶポータル」

 おすすめ物件


八千代市高津 新築分譲2宅地

八千代市高津 新築分譲2宅地の画像

価格
3,680万円
種別
新築一戸建
住所
千葉県八千代市高津453-8東側
交通
八千代緑が丘駅
徒歩29分

市川市富浜3丁目 中古戸建

市川市富浜3丁目 中古戸建の画像

価格
1億円
種別
中古一戸建
住所
千葉県市川市富浜3丁目
交通
妙典駅
徒歩11分

船橋市薬円台2丁目中古戸建

船橋市薬円台2丁目中古戸建の画像

価格
2,780万円
種別
中古一戸建
住所
千葉県船橋市薬円台2丁目
交通
薬園台駅
徒歩13分

船橋市大穴北4丁目中古戸建

船橋市大穴北4丁目中古戸建の画像

価格
1,180万円
種別
中古一戸建
住所
千葉県船橋市大穴北4丁目6-8
交通
三咲駅
徒歩24分

トップへ戻る